「どこから出てるの?」傾けるだけでドリンクが注げるボトルが素敵

冷蔵庫でしっかり冷えたドリンク。ちょっとひと息するときに飲むと、癒されますよね。

せっかくの憩いの時間だし、ちょっとオシャレな飲みかたをしたい!そんな願いをかなえてくれる、スタイリッシュで機能的な容器をご紹介します。

美しいだけじゃない!ボトルについた便利な『仕掛け』

オシャレなボトルの正体は、『CAPSULE』というカラフェ。カラフェとはフランス語で『水差し』のことを指します。

流線的なフォルムはとてもシンプルでスタイリッシュなので、ドリンクを飲む前から気分を高めてくれそうです。

ここで注目したいのはキャップ部分。よく見てみると、他のボトルとの違いが。

あれ、キャップがない

CAPSULE最大の特徴は、キャップレスであること。ドリンクを注ぐには、なんとボトルを傾けるだけ!

内部の軸がドリンクに押されて、フタが開く仕組みです。ボトルを垂直にすれば、フタは自然に閉まります。しかも、360度どの方向にもフタが開くので、ボトルを持つ向きを気にする必要がないのです。

フタを手で開ける手間をなくして、ドリンクの風味は逃がさない。CAPSULEのデザインは、機能美を追求した結果だったのですね。

CAPSULEで作る水出しコーヒーは絶品!

便利なフタを持ったCAPSULEのもう1つの特徴は、フィルターが付属されていること。メッシュが細かいので、茶葉や微粉が出にくくなっています。

そこでCAPSULEを使って水出しコーヒーを作ってみることにしました。時間をかけて低温で抽出すると、苦味成分であるタンニンなどが出にくいため、まろやかでクリアな味わいが楽しめます。用意する材料は2つだけです。

  • コーヒー豆(中挽き)55g
  • 水 850ml

まずは付属フィルターにコーヒー豆を入れます。ホットコーヒー用の豆だと、酸味が強くなってしまう場合があるのでアイスコーヒー用がおすすめ。

中ブタを装着したフィルターの上に外ブタを取り付け、それをボトルの中にねじ込みます。

次に上部から水を入れて、可動ブタを取り付ければ準備完了。あとは5〜8時間待つだけです。豆の種類や量、抽出時間などを調整して、お好みの味を探してみてくださいね。

CAPSULEで作った水出しコーヒーは雑味のないスッキリした飲み心地で、微粉も全く入っていませんでした。フタも自動的に開閉するので、グラスに注ぐのも快適です。

休憩タイムを一層心地よくしてくれるCAPSULE。見ても使っても楽しいアイテムなので、ぜひ手に取って試してみてください。


[文・構成/grape編集部]

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop