『なぜ溶接マスクしてる!?』斬新な料理番組で、リカちゃんの意外すぎる一面が炸裂

あの国民的キャラクター、タカラトミーのリカちゃんが、なんと料理番組のアシスタントに抜てきされました!

驚きの料理番組を制作したのは『かどや製油』。かどや製油の純正ごま油は、今年で発売50周年になったそうです。

そこで、同じく誕生から50周年の『リカちゃん』と一緒に、料理番組でコラボすることに。ミニチュアサイズで繰り広げられる料理と、リカちゃんたちの掛け合いは必見です。

料理の先生は『個性派』

番組では、かどやの純正ごま油を使ってご当地レシピを紹介します。ゲストとしてやってくる、ご当地レシピの先生がこちら。

北海道札幌の名物料理『夏野菜のスープカレー』を伝授する「北海 道夫」先生は、かなりの個性派。ルックスもさることながら、麦わら帽子に赤いバンダナをつけた独特の風貌に加えて、バリバリの北海道訛り。

「んめぇの作ってやから、リカちゃんガンバンべ!」とリカちゃんに気合をいれると、クッキングがスタートします。しかしクセの強いキャラは、先生だけではありませんでした。

リカちゃんが意外とマイペース

長年の間、国民に愛されるアイドル的な存在のリカちゃんですが、料理番組では意外とマイペース。先生が目にもとまらぬ速さで、玉ねぎを刻み始めると…。

「み…ぐすんぐすん…みみみじんぎりです…」

と涙ぐみながら取り出したのは、仰々しい溶接用のマスク。「どんだけ涙が出るの防ぎたいのよ!」と思わずツッコミを入れたくなります。

先生が丁寧に付け合わせの野菜を純正ごま油で素揚げすると、リカちゃんが隙を狙ってもぐもぐ。

料理番組の成立よりも、自分の食欲を優先したリカちゃんに、先生も冷たい視線を送ります。

ミニチュア料理のクオリティが凄い

リカちゃんと個性豊かな先生の会話のやり取りだけでなく、ミニチュア料理のクオリティの高さも必見です。

ずらっと並んだ具材も調理器具も、全てがミニサイズ。実在する具材をミニチュアサイズにしているので、実際に食べることもできます。クオリティ、高すぎます。

純正ごま油も、リカちゃんの手におさまる大きさにサイズダウンしていますよ。ちなみに、なぜ純正ごま油を使うかというと、風味が出てカレーにコクが出るからなのだとか。

料理も終盤へ。リカちゃんにぴったりなサイズの器に、付け合わせの野菜を一つひとつ丁寧によそっていったら…。

札幌名物『夏野菜のスープカレー』が完成!とても6分の1スケールとは思えない完成度の高さです。

リカちゃんたちが作るミニチュア料理に目が離せない

そんなリカちゃんと個性豊かな先生たちの料理番組は、これからもシリーズとして続いていくとのこと。

月に1回のペースで更新されていく予定で、次回は『仙台名物 マーボー焼きそば』を教えてくれるそうです。一体どんな先生が料理の腕を披露してくれるのか…更新が待ち遠しいです!


[文・構成/grape編集部]

提供
かどや製油株式会社

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop