犬の目線で人間を見ると、どんな感覚? 「我々はエルフに守られている」

北欧神話に登場する、エルフ。日本語では妖精などと訳されることがあります。

エルフは人間と似た容姿をしていながら、神秘的な雰囲気をまとい、長寿でいつまでも若々しい見た目です。また不思議な力を持っていて、小説や映画などの物語のなかでは「生物として上位の存在」として描かれることもあります。

空想上の生き物であるエルフですが、ある生き物から見た人間は『エルフ』そのものなのかもしれません。

別の視点で見れば、我々はエルフ

犬の世界では、人間は500歳まで生きるエルフだ。

この1文が海外のSNS、Tumblrで注目を集めました。その言葉に心を動かされた人々が、『続き』を書き込んでいきました。

そして、1つの物語ができ上がったのです。

物語は、このように始まります。

彼らは長い時を生きる…しかし、その中のよい者は、私たちと生涯にわたる約束を結ぶ。

copperbadge ーより引用(和訳)

長い時を生きる『彼ら』。それは人間です。

犬の寿命は長くて20年ほど。その4~5倍も長く生きる人間は、犬からすれば、老いることを知らないエルフにも見えるのでしょうか。

老いることを知らない彼らは、私たちにとても親切だ。だから私たちは、彼らにとって、よい友人でいなければならない。

thefingerfuckingfemalefury ーより引用(和訳)

語り手である『私』は子犬の時から、人間と暮らしてきた犬。犬は老いて、身体のあちこちが痛み始めます。

ですが、いつも一緒にいた家族である女性は、若く健やかなままでした。

私は歳をとった。口の周りの毛は灰色になってしまった。彼女と一緒に歩けば、関節が痛む。けれど、彼女が変わることはない。髪は輝いて、肌はみずみずしく、まだまだ軽やかに歩く。

時の流れは彼女に影響を与えない。それでも、いまなお、私は彼女を愛している。

katzedecimal ーより引用(和訳)

何世代にも渡って、彼は私の一族を守ってきてくれた。私の曾祖父の、さらに曾祖父の時代から、彼は私たちの安全を保ち続けてくれたのだ。長い間、私たちは彼が不老不死だと考えていた。しかし、いまは違う。私の毛皮が灰色になり、関節が硬くなっているのと同じように、彼もまた老いるのだ。

彼は私の子どもを自らの手元には置かず、彼の子どもの元へと連れて行った。私は、彼が目にかけた最後の者となるだろう。

私の唯一の希望は、私自身が彼の最後の瞬間を見届けることだ。彼の種族の死は、とてもまれだ。長い生の終わりとは、こんなにも悲劇的だ。

彼は多くを見て、多くを知った。

私は、私の存在が彼を慰めることがわかっている。私は、彼が最後の時を迎えるまで、慰めを与え続けたいと思う。

crazypenguin159 ーより引用(和訳)

間もなく命の灯が消えそうになる、老いた人間。そのそばに寄り添い続ける犬。

犬が人間の死を看取ることはまれなこと。その最後の瞬間まで、犬は人間と共にい続けることを望みます。

複数の人々によって作られたこの物語は、海外だけでなく、日本のSNSでも多くの人々の涙を誘いました。

『長い命』と『短い命』の感覚は異なっても、共に過ごす時間は、どちら側から見ても輝いています。

犬と人間の長い付き合い。歴史の中に、こんなストーリーが積み重なっていることを想像すると、「人間の友達」である犬への愛おしさがこみ上げてくるようです。

※記事中の写真は全てイメージ


[文・構成/grape編集部]

出典
Tumblr

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop