あなたはどっち?東京の『マック』VS 大阪の『マクド』論争、ついに決着!?

『マック』それとも『マクド』?

これはいわずと知れた『マクドナルド』の代表的な略称。関西圏中心の11府県では『マクド』と呼び、そのほかの地域では『マック』と呼ぶ傾向がありますが、その理由は定かではありません。

2つの呼び方について、いままでは口を閉ざしてきたマクドナルド…しかしこの度、この論争に白黒をつけることになったのです。

個性のあふれたバーガーで決着を!

2017年8月9日(水)から始まる『マックなのか?マクドなのか?おいしさ対決!』キャンペーンは、マクドナルドの愛称をバーガーのおいしさによって決定するというもの。

各軍から参戦するバーガーはこちら。

マック軍『東京ローストビーフバーガー』
肉の旨みをしっかり感じるローストビーフが入っています。

マクド軍『大阪ビーフカツバーガー』
サクサク衣の柔らかいビーフカツが入っています。

また、各軍の応援商品も登場し、対決を盛り上げます。

grapeは、マック軍の応援団になることを引き換えに、販売まぎわの『東京ローストビーフバーガー』をいち早く食べさせてもらいました!

パティのジューシーさと、肉の食感のバランスに絶句

マック軍のバーガーには、おなじみの100%ビーフパティに加え、3枚ものローストビーフが入っているところが特徴。

ひと口かじると、ローストビーフの歯ごたえを感じ、ジューシーな肉汁が広がります。まさにいままで体験したことのない食感!バゲット風のバンズからは小麦の香りが漂い、ローストビーフととてもマッチしています。

しっかりと効いたペッパー、コク深い赤ワインソースと、爽やかなホースラディッシュソースが肉の旨みを際立ていて、最後までおいしく食べることができます。『東京』の名に恥じない、都会的なイメージにぴったりなバーガーです。

インスタ映えする写真で『マック軍』を応援!

『東京ローストビーフバーガー』のもう1つの特徴は、そのルックス。バゲット風のバンズやローストビーフがとてもオシャレで、写真に収めればインスタ映えもするはず。そこで『東京ローストビーフバーガー』を撮影してSNSに掲載することによって、マック軍を応援します!

より見映えよく撮影するため、プロカメラマンに『これだけは押さえておきたい』撮影の基本をお伺いしました。

まず意識したいのは『光』

そこでカメラマンに話を伺うと、食べ物を撮る現場は、多くのケースでは室内なので、照明が不十分なケースがほとんどだといいます。食べ物をおいしく撮るためには、できる限り窓際のテーブルを確保して、たくさんの光が入るようにする必要があるそうです。そうすると、バンズやパティの色がより鮮やかにうつります。

自然光の入り方は、コントロールがしにくいですが、なるべく被写体の側面から入るように場所取りをするのがベスト。マックだったらテイクアウトもできるので、外に持っていって撮影するのもおすすめです。

構図には『あの機能』

スマホのカメラアプリのほとんどが持っているけれども、案外使われていないのが『グリッド』。

グリッドとは、カメラ画面上に表示される補助線のことで、これがあると構図が決めやすくなるのだとか。試してみると、線があるだけでまっすぐに構えることができます。確かにこれなら、写真全体のバランスがとれて、かっこいいバーガーの写真が撮れそうですね!

グリッドを表示させるには、iPhoneの場合、ホーム画面の『設定』から『写真とカメラ』カメラ項目の『グリッド』をオンにします。Androidの場合は、カメラのアプリから『設定』を開き『ガイドラインを表示』をオンにします(※機種によって違いあり)。

寄るか、引くか?

カメラマンによると、構図には撮影する角度や『寄り・引き』などがあり、被写体によって変えていく必要があるといいます。

例えばバーガーの場合、パティなどの中身も見せたいところ。なので真上で撮らずに、40〜45度くらいの角度だと、より立体感が出せるそうです。

また、ほとんどの人はスマホでSNSを見るので、遠目で撮影してしまうとバーガーのシズル感が伝わりにくくなるのだとか。若干フレームからはみ出るくらい、大げさに寄ってみてもいいかもしれません。

カメラマンのアドバイスを受けて撮れた写真がこちら。まだ納得いくものではありませんが、基本的なポイントを押さえるだけで、よりよい写真が撮れるのですね。

愛称をかけた『おいしさ対決』の展開は

マクドナルドの愛称をバーガーで決着をつける『マックなのか?マクドなのか?おいしさ対決!』。そのサポーターとして、ウェブメディア クレイジーと企画を実施しています。grapeはマック軍を応援する一方で、クレイジーはマクド軍を応援。『マック』の名にかけて、負けられない戦いです。

マクド軍の『大阪ビーフカツバーガー』も手強いですが、マック軍を率いる『東京ローストビーフバーガー』は、味だけではなく見た目のインパクトも抜群。発売は8月9日(水)からですので、食べてみるだけではなく、撮った写真をSNSに投稿してみてください!


[文・構成/grape編集部]

提供
日本マクドナルド株式会社

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop