人類はもう、ゴキブリにおびえる必要はない 『最終兵器』が我が家にやってきた

名前を口にするのもおぞましい存在…それはゴキブリ。皆さん、大嫌いですよね。

「1匹見たら50匹いると思え」

誰がいい出したのかは分かりませんが、泣きたくなるような言い伝えもあります。

その姿を見かけたら、どう対処していますか。「殺虫剤をかける」「丸めた雑誌で叩く」などでしょうか。

薬剤を使うのは、子どもやペットへの影響が心配です。叩き潰した場合、残骸を処理するのは苦痛以外の何物でもありません。

では、私たちはヤツらへ、どう立ち向かったらよいのでしょう。

その答えは彼が持っています。彼の名は『ぴた郎』。

出たーっ! 害虫退治の最終兵器『ぴた郎』

ゆるいビジュアルからは想像もつかない、破壊的な殺傷力を持つ『ぴた郎』。

ゴキブリだけでなく、蚊・アブ・ハエ・ムカデなど家の中に現れるさまざまな害虫に対して威力を発揮します。

スペシャルでエキセントリックな能力をご紹介しましょう。

届く! ロングレンジで一撃必中!!

「ゴキブリは視界に入れるのも、イヤ。とにかく近付きたくない」

お任せください。薄目を開けていれば仕留められる、安定感あるロングレンジ!

ふだんはコンパクトに収納。戦闘を開始したら、3段伸縮で狙った獲物は逃がさない…!

クール! 薬剤を使わずにノックアウト!!

「確実に仕留めるには、殺虫剤を使わないとダメ…?」

『ぴた郎』なら大丈夫。薬剤は一切使用しません。

カバーをかぶせて、獲物をキャッチ。そして粘着シートにピタリ!

『ぴた郎』に捕らえられたゴキブリは、二度と日の目を見ることはないでしょう。

スマート! 取り替えシートごとポイッ!!

「死骸の処理がとにかくおぞましい…なかったことにしたい」

捕らえたゴキブリは、そのままゴミ袋にポイ! きっちり袋の口を閉じてしまえば、死骸を見ることもありません。

部屋には、撒いた薬剤も、ヤツの死骸も残らないのです。

ゴミの日が来たら、我が家からさようなら。あぁ、もう二度と会わずにすめばいいのに…。

そして、戦いは続く…

人類とゴキブリとの戦いは、終わりが見えないのが現実です。

しかし、戦いの日々に一筋の光明が差しました。『ぴた郎』があれば、きっと大丈夫。

人類の最終兵器『ぴた郎』は、grape SHOPでお求めいただけます。


[文・構成/grape編集部]

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop