「猫が列車に乗ってるんだけど」保護猫たちと触れ合える『ねこカフェ列車』

岐阜・三重を走る養老鉄道が、岐阜県内の殺処分予定の子猫などを保護する『こねこカフェSanctuary』と提携して、列車内で猫と触れ合える『ねこカフェ列車』を運行すると発表しました。

参加代金の一部は、『こねこカフェSanctuary』による、殺処分ゼロに向けた保護猫活動にあてられます。

また、『ねこカフェ列車』の発着駅となる池野駅では、岐阜県池田町を拠点に動物保護活動団体・個人の支援活動を行う『動物保護支援団体KAM』による、猫グッズの販売などのイベントが開催されます。

可愛い子猫と触れ合いながら、保護活動の援助ができたら素敵ですね。

ねこカフェ列車

参加費:3000円(大人、子ども共通)
※養老鉄道1日フリーきっぷ、弁当、茶菓子
実施日:2017年9月10日

※ねこカフェ列車に乗車する猫たちは、『こねこカフェSanctuary』が保護している猫たちで、乗り物に乗っても怖がらない猫たちに乗ってもらう予定です。


[文・構成/grape編集部]

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop