「日清がポエム始めたってよ!」美味しさがまったく伝わらない広告を展開

日清食品が、『どん兵衛』の新しい広告を発表しました!ただ…あまりにも攻めた表現で、逆に伝わりにくい広告になってしまったようです。

何がいいたいのか伝わらない

『どん兵衛』の新しい広告は、電車の中吊りや新聞広告に挟まれている、高級マンションのチラシのようなデザイン。そこはかとなく、高級感が漂っています。

「熱湯3分の好アクセス」などの不動産っぽい文言に加え、「天プラ、それは天まで響くプライド」といった、ポエムのような文章でも商品の魅力を表現。

これは公式が、「どん兵衛のおいしさを改めて伝えるために、挑戦していない領域に踏み込む必要がある」という考えから、表現の豊かさを突き詰めていった結果なんだとか。

結果的に、「おいしさが改めて伝わっていない」ように感じますが…。

現在公開されている広告は、全部で6種類。どれも攻めに攻めた広告になっています!

「それはおあげではなく、そしておあげでもある」「劇的に、蕎麦」「都心の夜(こばら)を誘惑する」など、何がいいたいのか、よく分からないポエムで埋め尽くされた広告。

これらの広告は、主要な駅の交通広告や折り込みチラシ、ポケットティッシュなどで展開されるそうです。

「やけに安い物件だと思ったら『どん兵衛』だった!」そんな勘違いを生み出しそうな斬新なデザインとポエム。

もし街中で見かけたら、細部までチェックしてみてください。こだわりの詰まった高級マンション風の『どん兵衛』広告を堪能することができますよ。


[文・構成/grape編集部]

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop