「うちにモンスターがいるかも」 少女の言葉に、警察官がとった行動とは

引っ越しの際、まだ見ぬ新生活に期待が膨らむ一方、慣れない環境に不安を感じることもあります。

新居に移り住むことになった4歳のシドニー・ファーレンブルックちゃんには、こんな不安がありました。

「新しい家に、モンスターがいたらどうしよう…」

「警察官になるのが夢」という彼女は、自身の心配を解決するべく、ある行動にでたのです!

地域の警察官に、捜索を依頼

ABC Newsによると、コロラド州に住むシドニーちゃんは、地域のイベントで知り合ったロングモントの警察官に『新居の捜索』を依頼したのだそう。

捜索対象はモンスター…果たして協力してくれるのでしょうか。

現れた警察官に、少女は大興奮

少女の望みは叶い、実現することになったモンスターの捜索

家の外や、室内をくまなく探し回る2人の様子をご覧ください。

シドニーちゃんは警察官の服を着て、やる気いっぱい!大好きな警察官との初仕事に、気合いが入っているようです。

一方で警察官は、少女の行動に優しいまなざしを向けています。

ほほえましい2人のやり取りに「可愛くて素敵」と称賛の声が続出しました。

  • いい話だな。警察の鑑。
  • 素晴らしい!彼は優しい心の持ち主だ。
  • 女の子は、警察官が一緒に捜索してくれたことを、大人になっても忘れないだろうなぁ。

捜索の結果、モンスターは発見されず、シドニーちゃんは安心することができたといいます。

市民の安心と安全を守る立場として、立派な働きをしたロングモントの警察官。

シドニーちゃんの『警察官への憧れ』は、今後ますます加速していくかもしれませんね!


[文・構成/grape編集部]

出典
Megan Fahrenbruch

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop