急性カフェイン中毒に気を付けて! 1時間に何杯コーヒーを飲むとあぶない!?

暑い季節になるとついつい飲みすぎてしまう、アイスコーヒーやアイスティー、そしてエナジードリンクなど清涼飲料水。しかし、知らないうちに過剰にカフェインを摂取しすぎてしまっているかもしれません。

吐き気や痙攣などを引き起こす、急性カフェイン中毒が今、話題になっています。

カフェイン摂取の目安は

急性カフェイン中毒とは、短時間のうちに大量にカフェインを摂取したときに起きる中毒症状です。

一般的な成人では1時間以内に6.5mg/kg以上の摂取で約半数の人に、3時間以内に17mg/kg以上の摂取でほぼ全員に起きるといわれています。体重50kgの人なら「1時間に325mg、3時間に850mgが危険量となります。

Doctors me ーより引用

これは、1時間のうちにコーヒー3杯を飲む量に相当すると言われています。また、300ml程度のエナジードリンクでは、1時間に4本が目安となっています。

とはいえ、これはあくまでも目安で、体質や体調などによっても左右されるそうです

14997_01

症状としては、落ち着きがなくなる、不安になる。さらにお腹を壊す、吐き気をもよおすなどの中毒症状があらわれます。

重い症状になるとパニックや痙攣をおこすなど、ドラッグ中毒に似た状態になるのだとか。

中毒になった人も

ただ、先ほどもお伝えしたように、個人的な体質、その時の体調なども関係があるようです。

もし、カフェインを摂取して、胃痛がする、動悸がするなどの体調の変化を感じたら、それ以上はカフェインをとらずに安静にするといいようです。

14997_02

緑茶もカフェインを含んでいる飲み物ですが、タンニンがカフェインと結びつくため、カフェイン中毒にはなりにくいのだそうです。

脱水症状を起こさないためにも水分摂取は必要ですが、カフェインの多い飲み物ばかりを摂取しないよう気をつけてくださいね。

出典
コナトキ@wakakitsu@young2net@viper_basso@haruganoDoctors me

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop