又吉さんおめでとう!小説『火花』が芥川賞受賞、芸人として初の快挙!

2015年7月16日、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹さんが執筆した、小説「火花」(文藝春秋)が、第153回『芥川龍之介賞』を受賞しました!

今回の芥川賞は、羽田圭介さんの「スクラップ・アンド・ビルド」とダブル受賞です。同じく発表された直木賞は、東山彰良さんの「流」に決定しました。

小説家、芥川龍之介の業績を記念して創設された、通称『芥川賞』は、純文学の新人に与えられる文学賞。

お笑い芸人らしからぬ落ち着きと、独特の存在感で他の芸人と一線を画していた又吉さん。「火花」は、今までの芸人さんの"小説"とは違い"純文学"の作品として高く評価されたため、初めての芥川賞ノミネートとなりました。

小説家、又吉直樹

笑いとは何か、人間とは何かを描いた「火花」は、こんな冒頭から始まります。

大地を震わす和太鼓の律動に、甲高く鋭い笛の音が重なり響いていた。熱海湾に面した沿道は白昼の激しい陽射しの名残りを夜気で溶かし、浴衣姿の男女や家族連れの草履に踏ませながら賑わっている。沿道の脇にある小さな空間に、裏返しにされた黄色いビールケースがいくつか並べられ、その上にベニヤ板を数枚重ねただけの簡易な舞台の上で、僕達は花火大会の会場を目指し歩いて行く人達に向けて漫才を披露していた。

火花 ーより引用

これまでも多くの芸人が小説を執筆しましたが、又吉さんは自他共に認める文学オタク。

数々の文豪の作品を熟読しているのはもちろんのこと、芸人としてブレイクする前から芥川賞作家の中村文則さんや、直木賞作家の西加奈子さんらと交友を深めており、作家たちの間で又吉さんは「こちら側の人間」という認識だそうです。

仲間たちから続々とお祝いの声が!

受賞の様子

会見では…

同時に芥川賞を受賞した羽田圭介さん(写真一番右)が、「同時受賞した又吉さんについてどう思われますか?」と質問されたのに対し、『今まで自分は又吉さんの火花を、オススメ本として3回取り上げました。自分がオススメした本が受賞して嬉しく思います。』と笑顔で語り、会場を沸かせていました。

会見の中で、又吉さんはこう語っていました。

お笑いで表現できないこと、お笑いを通して生まれた感情が、文章を書くときの一歩目になることが多い。
これからも、今まで通り芸人として100%でやって、それ以外の時間で執筆していきたい。

お笑い芸人として、作家として、これからも又吉さんの活躍に注目ですね!

又吉さん、本当におめでとうございます!

出典
吉本興業株式会社文藝春秋 本の話WEB【生中継】第153回 芥川賞・直木賞 受賞作発表と受賞者会見@inoueyusuke@yasudebu@WRHMURAMOTO@NOBCHIDORI@ariyoshihiroikiピース又吉、お笑いと作家「両方必要」

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事










週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop