炎天下の車内「10分耐えれば100ドル」車内放置の怖さを訴える、壮絶な社会実験

出典:YouTube

車の中に置き去りにされた子供やペットが、熱中症などで亡くなってしまう痛ましい事故が後を絶ちません。そんな車内放置の危険性を訴えるため、アメリカで「ホット・カー・チャレンジ」という社会実験が行われました。

15108_01

出典:YouTube

それは、「炎天下の車内で10分間我慢すれば、賞金100ドルを獲得できる」というもの。たった10分で100ドルもらえると聞いて、多くの人が軽い気持ちでこの実験に挑戦しました。「たった10分」…その考えが大きな間違いだということに、まだ誰も気付いていません。

15108_02

出典:YouTube

15108_03

出典:YouTube

挑戦者たちは後部座席のチャイルドシートに座り、シートベルトを締められます。最初はみんな笑顔で余裕の表情を見せていましたが、車のドアが閉まり、外からロックされると、すぐに変化が現れました。

15108_04

出典:YouTube

15108_05

出典:YouTube

手で顔をあおいだり、上着を脱いだりして、どうにかしのごうとしますが、車内の温度はどんどん上昇。密閉された車の中で、暑さ、息苦しさ、そして恐怖が、容赦なく挑戦者たちを襲います。

15108_06

出典:YouTube

15108_07

出典:YouTube

次第に目はうつろになり、奇声を上げたり、呼吸困難に陥る人も…。

15108_08

出典:YouTube

結局、最後まで耐えきれず、挑戦者たちは次々とギブアップボタンを連打。

「たった10分」と軽く考えてしまいがちですが、炎天下の車内は想像を絶する地獄でした。まして、それが幼い子供だとしたら…。

15108_09

出典:YouTube

一度の不注意で、一生後悔することになりかねません。くれぐれも、お子さんを車に置き去りにすることがないように気を付けましょう。

出典
Hot Car Challenge Social Experiment by Kars4KidsKars4Kids Safety App - Never Forget Your Kid in the Car

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop