grape [グレイプ]

『猫バンバン』で猫の命を守る! やり方はボンネットをコンコン

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

10月も中旬に差し掛かると、徐々に冬の色が濃くなり、寒くなってきます。

そうなると、空気が乾燥していることから火気に注意が必要だったり、お肌のケアを入念にし始めたり…気をつけなければならないことが増えますよね。

本格的な冬が到来する前に、もう1つ!お出かけ前の「習慣」にしてもらいたいことがあります。

少しの行動で小さな命を守る

寒くなってくると、エンジンを切った後の車で暖を取ろうとして、車のなか…それも、パッと見では分かりにくい場所に潜り込むようにして、ネコが入ってしまいます。

そして翌朝、ドライバーがネコに気づかず発進してしまう…そんな悲しい事故が、毎年起こっています。

Katze auf einem Auto / Kater im Motorraum

こうした事故を防ぐために、乗車前にボンネットを「コンコン」叩こう、という取り組みが行われていることをご存知でしょうか?

やり方は簡単!

この運動は「ボンネットコンコンキャンペーン(もしくは猫バンバン)」と呼ばれ、徐々にドライバーの間に広まりつつあります。

昨年もSNSを通じて呼びかける方が多くいらっしゃいました。

ネコがよく潜んでいる場所には、ボンネット内のエンジン周辺タイヤの奥、車体の下・排気マフラー近くが挙げられます。

特にエンジン周辺や排気マフラー近くは温度が高まりやすく、外からの風も防げる一方で、人間からは見えにくい場所。

また、ネコたちにとって入りやすい「タイヤ周辺」にも注意が必要です。

Stray cat peeping on wheel car

こうした場所にまとめてアプローチ出来る簡単な方法が、ボンネットをコンコン叩くこと。

これなら周囲の状況や時間を気にせずに、行うことが出来ますよね。

そしてボンネットを叩いたら、今度は一旦、耳を澄ませてください。中にネコがいた場合、驚いて音を立てるはずです。

もし何か音がしたら、ボンネットを開けるなどして様子を見るようにしましょう。

Cat under the car.

ネコたちが事故に遭うことは、ネコにとっても人間にとっても嬉しいことではありません。

ほんの少しの行動で、守れる命があります。

ぜひ今日からの「ボンネットコンコン」と、まだ知らない方への情報共有をお願いします!

出典
@t0mqt0n@jaf_jp@konomi0523@Myk00Ex

Share Tweet LINE コメント

page
top