grape [グレイプ]

Facebookで増えすぎた『誰だっけ?』な友達 削除の前に全員に会いに行く!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

SNSを長く続けていると、いつの間にか「友達」が増えに増え、「誰だかよく分からない人がいる」なんてこともありますよね。

筆者も「多分、中学校が一緒だった人」や「旅行先で知り合った人」と友達になり、特に交流のないまま月日が経っています。

増えすぎた友達は、ただ削除するのではなく…

オーストラリア・メルボルンのマット・クレーザ(Matt Kulesza)さんは、7年間Facebookを使っているうちに、友達が1000人を超えてしまいました。

その中には、何年も会っていない人、1度会っただけの人など…「友達」と呼べるほどの関係ではない人が多くいます。

16819_01

はじめは、シンプルに「削除していけば良いか…」と思っていたマットさん。

けれど、ふと思いつきました。

「どんな人だか分からないなら、会いに行って確かめてみよう!」

削除するだけなら、いつだってワンタッチで出来る。

せっかく何かの「縁」があって繋がった相手なのだから、削除する前に会いに行って一緒にコーヒーを飲んで、それから削除するかどうか決めたって良いじゃないか。

そうして、2014年の9月からマットさんのプロジェクト「1000+コーヒー」は始まりました。

16819_00

プロジェクトは楽しい笑顔に溢れていた

マットさんは、会いに行く1人目の「友達」として、メルボルン出身のクリス ・ シュローダー(Kris Schroeder)さんと一緒にコーヒーを飲みました。

クリスと僕は2005年、僕たちのバンドがメルボルンで一緒に演奏をした時に初めて会いました。

ここ3年ほど、クリスはケニアに住んでいて赤十字の活動をしていたと思ったら、ウガンダに移動していたりしたので…連絡を取るのが大変だったんです。
実際に会って、僕たちは世界情勢や旅行で行った場所などについて、クリスはケニアでの経験を、僕は北朝鮮での経験を語り合いました。

僕はダブルのエスプレッソをそのまま飲んで、クリスはすごい量の砂糖を入れたラテを2杯飲みました。

マットさんは、実際に会った1人1人とのエピソードや、2人がその日どんな話をしていて、どんなものを飲んだのかを詳細に説明しています。

2015年10月15日の時点で、71人の「友達」たちと会ったマットさん。

プロジェクトのFacebookページに投稿された写真は、どれも素晴らしい笑顔です。

16819_07

出典:Facebook

16819_06

出典:Facebook

16819_03

出典:Facebook

16819_08

出典:Facebook

16819_02

出典:Facebook

16819_04

出典:Facebook

今回の「1000+コーヒー」を通して、普段だったらそのまま疎遠になってしまったままであろう「友達」たちに会えたマットさん。

もう2度と会わなかったかも知れない人と、再び縁がつながることは、とても素敵なことですよね。

今後、3年をかけて「友達」全員に会いに行く予定だそうですから、どこかで彼らの姿を見かけるかも知れません。

16819_05

出典:Facebook

みなさんも、最近連絡を取っていない人や疎遠になっている人がいたら、連絡を取ってみてはどうですか?

出典
1000+ Coffees Facebook1000+ Coffees tumblr.

Share Tweet LINE コメント

page
top