grape [グレイプ]

「殺してやる!」両手にナイフを持った男が乱入、75歳のおじいさんが立ち向かう

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

アメリカのイリノイ州に住む、75歳のジェイムス・バーノンさん。

彼はモートン公共図書館で、子供たちにチェスを教えています。その日も、16人の子供たちといつもと同じようにチェスを楽しんでいました。

2015年10月13日、午後3時ごろ。

ナイフを両手に持った若い男性が、教室に乱入してきます。乱入者が持っているのは、13cmの狩り用のナイフ

そして「殺してやる!」と、子供たちに向けて叫び始めました。

16864_03

出典:Facebook

そのときバーノンさんは、後ろにあるドアを確認し、急いで子供たちを逃がそうとします。しかし、乱入者もどんどん迫ってくる状況。

きっとバーノンさんの頭の中には「子供たちを守らなくては」という一心だけだったのでしょう。子供たちが逃げる時間を稼ぐために、ドアの前を防ぎ、乱入者の前へ立ち向かいました。

始まった乱入者との闘い…。その瞬間、バーノンさんは驚くべき行動を見せます。

出典
abc newsFacebook

Share Tweet LINE