grape [グレイプ]

「産まれてきてくれてありがとう」いちばん面白くて泣ける物語、知っていますか?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

彼女達が読んでいるものは、面白くて、泣けて、感動する物語。でもこの物語はどこの本屋さんにも売っていません。

それはいったいどんな物語なんでしょうか?

【ベルメゾン】みんなの育児日記

『世界にひとつだけの物 語』成長の記録と一緒にその時に起こった出来事や想いを綴っていくことで、「育児日記」は赤ちゃんとママの思い出がたくさんつまった宝物になりま す。ベルメゾンではたくさんの先輩ママ(みんな)の声から出来た『みんなの育児日記』をご請求いただいた方、皆さんに無料でお届けしています。 『みんなの育児日記』申込ページはこちらhttp://goo.gl/2lO4wD

Posted by ベルメゾン(bellemaison) on 2015年10月22日

14時間の陣痛に耐え、ついに産まれた。
羊水につつまれていた身体のまま、胸の上に運ばれ、
なんとも言えない気持ちが込み上げてきた。

16866_01

本気で「この子は私を困らせるために産まれてきたの?」って悲しくなる。
朝になると、そんなもんだって思えるのだけど。

16866_02

23時、38度2分の発熱。
しおりの泣き声を聞く度に生きた心地がしなかった。
傷だらけのしおりの手をみたり、泣きはらしたしおりの顔を見ると、もう申し訳なくて、切なすぎる。
ごめん、しおり。

16866_04

彼女達が読んでいるのは、自分達が出産し、子供が新生児期の間に書きつづった「育児日記」です。

「育児日記」とは、赤ちゃんが生まれてすぐ、毎日の授乳やミルクの回数、赤ちゃんの睡眠時間、おしっこの回数などを記録する日記帳のこと。

16866_09

育児日記はきちんとつけていると、赤ちゃんの不調や病気を早期に発見できたり、乳児検診時にお医者さんや保健師さんからのアドバイスを受けやすくなります。

成長の記録と一緒にその時に起こった出来事、思ったことを育児日記に書いていくことで、写真だけでは残しきれない、赤ちゃんとママの思い出がたくさんつまった宝物になるんです。

16866_05

動画の後半、大きく成長した娘の大きなお腹をなでているお母さん。すごく嬉しそうな笑顔が印象的です。

「わたしを産んだ時どうだった?」

これから母親になる娘の問いに、古い育児日記や母子手帳を開いて、その時のことを伝えるお母さんはとても感慨深そうです。

16866_10

私も出産してから子供が1歳半になるまで、育児日記をつけていました。

産後すぐは”物忘れ”をしやすくなっているためか、大変だったのに上手く思い出せないことが結構あります。ただ、赤ちゃんの様子以外のことも育児日記に書いておいたおかげで、新生児期のことを思い出として残しておくことができました。

疲れた時にそっと読み返して、まだ1〜2年前のことなのに懐かしく思いながら、一緒に添えておいた子供の写真に癒されています。

自分の子供が親になる時、親としてどんな気持ちで迎えるのでしょう。その時には、宝物の育児日記を一緒に読み返してみたいですね。

ベルメゾンオリジナル「みんなの育児日記」

Share Tweet LINE

page
top