grape [グレイプ]

砂の中に生き埋めにされていた犬 救い出された後の姿が明らかに…!!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:SOS Dogue de Bordeaux

元の飼い主によって、砂山に生き埋めにされていた10歳のメス犬。散歩中に出会った犬が掘り起こし助ける、という事件がありました。以前grapeでご紹介したこの犬の、その後が明らかになりました。

悲惨な思いもしましたが、現在は新しい家族と出会い、幸せな日々を過ごしているそうです!

新しい家族

治療が行われ、心身ともに回復していった犬は「Athena」と名付けられ、新しい家族と毎日楽しく暮らしています。

足に関節炎を患っているため、走り回ることは出来ませんが、庭を散策するのが大好きなアテナ。飼い主さんや、ほかの動物たちと自由気ままな暮らしをしています。

元飼い主は裁判所へ

アテナを生き埋めにした元飼い主の21歳の男性は、2016年3月に裁判所で判決が下されます。3万3千ユーロ(約440万円)と、懲役2年の刑罰です。

彼がしたことを考えれば、この刑罰では足りないかもしれません。ですが、野放しにされるのでなく法的に罰せられることが、今後の動物虐待抑制に少しでも繋がるのではないでしょうか。

恩人ペドロとデエス

アテナ掘り起こして助けた犬デエスと飼い主のぺデロさん。久しぶりの再会に、嬉しそうな表情の写真が公開されています。

ペドロさんはじめ、新しい家族や保護施設などの多くの人々の愛情で、元気を取り戻したアテナ。10歳と若くはない年齢ですが、これからの人生が幸せなものでありますように。

アテナが見つかった時の状況は、以前ご紹介した記事もご覧ください。

出典
France 3 Paris Ile-de-FranceFacebookSOS Dogue de Bordeaux

Share Tweet LINE コメント

page
top