grape [グレイプ] trend

朝ごはんが食べられない8000人の子どもたち 就任した市長が真っ先に始めたことは…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:YouTube

韓国のソウルから、車で約3時間。西南方面に向かって走ると、全羅北道の全州市に着きます。

2014年10月20日から、ある特別なプロジェクトを続けているという全州市。その内容は…。

毎朝、18歳未満のおなかをすかせた子供たちへ、温かいお弁当を届けること。

学校での給食を支援する「無償給食」という制度はあっても、朝ごはんに対する支援はありませんでした。8,000人以上の子供たちが、朝ごはんを食べられず放置されていることをキム・スンス市長は知ります。

選挙で選ばれたキム市長が一番最初に提案したのは、この、お弁当を届ける『お母さんのご飯』というプロジェクトでした。

16937_04

出典:YouTube

片親がいない、もしくは両親がいない子供が選ばれた

片親がいない、もしくは両親がいない環境にいる子供たち260人が選ばれました。

その中に、お父さんと二人で住んでいる10歳のサンピル君がいます。普段の朝ごはんは、前日にお父さんが作ってくれます。しかし、仕事で帰りが遅くなる日は、朝ごはんを抜かすことも多いそうです。

プロジェクトが始められた10月20日。いつも冷めたご飯を食べていたサンピル君は、3年ぶりに温かい朝ごはんを食べることができました。

16937_03

出典:YouTube

お弁当には、ポットに入ったご飯と汁物、そして3種類以上のおかずに、季節の果物とチーズやヨーグルトまで。必要な栄養がたっぷり含まれたメニューが入っています。

その日、同じ弁当が260人の欠食児童たちに届きました。

このプロジェクトは、2014年7月から企画し始めたそうです。しかし、お弁当一つにかかる費用は600円前後。毎日送るには、どうしても予算が合わなない状況でした。

そのとき、集まったのが市民たちの支援だったのです。

16937_02

出典:YouTube

子供たちのために、支援が集まる

プロジェクトのことを知った40代の商人が「欠食児童のために使ってほしい」と、市役所に100万円を寄付しました。そして次々と集まった市民からの寄付金が、なんと約2700万円

しかも、お金だけではありません。全州市の老人福祉連合会から、お弁当を届けてあげたいとボランティアを申し込む人々も集まりました。さらに、米とキムチを定期的に支援したいという企業まで現れたのです。

人々のたくさんの助力で、プロジェクトは今でも続けられています。お弁当と一緒に、キム市長はこんなメッセージを送ります。

16937_01

出典:YouTube

みんな!朝ごはんは美味しく食べましたか?また、食べたいものや、何か困ったことがあったら、弁当箱に手紙を入れてください。

そして空になったお弁当箱の中に、入っていた一枚の手紙。そこには、子供の真っ直ぐな気持ちが書かれていました。

次ページ:子供からの真っ直ぐな気持ちを綴った手紙

出典
THE HUFFINGTON POST KOREA마음까지 따뜻해지는 전주시표 '엄마 밥상' / YTN

Share Tweet LINE コメント

page
top