grape [グレイプ]

富士山がカレーになっちゃった?超おいしい!赤と青の富士山カレーがおもしろすぎる

Recommended by grape SHOP

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

大人にも子供にも愛される定番メニュー『カレーライス』。カレーの種類は数多くありますが、こちらは初めて見る商品かもしれません。

そんなインパクト絶大のカレーをご紹介します。

富士山カレー…?しかも、赤と青!?」

おなじみの青い富士山と、縁起がよいといわれる赤富士が、なんとカレーになりました!

本当に、富士山のよう!赤と青のカレーというだけでも驚きなのに、しっかりと富士山の形になっています。

こんなユニークなカレーは、食べてみるしかありません!

赤と青のカレーが彩る日本の象徴『富士山カレー』

日本一の山である、富士山が食卓でカレーになる。

壮大なイメージにワクワクしながら手にした『赤い富士山カレー』と『青い富士山カレー』。

温めて盛り付けるだけで、簡単に富士山の形をしたカレーが完成する、楽しいレトルトカレーです。

パッケージには「富士山がカレーになっちゃいました!」という軽やかなコピーと、堂々たる富士山カレーの盛り付けイメージ。そして、ふどう果汁や桃果汁使用の文字が並びます。

この情報量の多さ、ただのカレーではなさそうです…。

パッケージの裏には、盛り付け例が記載されていました。

1.ごはんを富士山の形に整える。

2.カレーで富士山の模様を演出。

さらりと書いてありますが、かなり難しいのでは…。まずは、ほかのレトルトカレーで練習してみることにしました。

何かが、違う…。ご飯を山の形にした後、袋を切って慎重にルーをかけたのですが、富士山っぽくなりません。

果たして『富士山カレー』は、イメージ通りに作れるのでしょうか…。期待と不安が高まります!

『富士山カレー』を盛り付けて食べてみた!

事前練習の失敗で分かったのは、袋から直接ルーをかけると、一度にたくさんかかってしまうこと。

なので、山の部分にかける時だけスプーンでルーをすくって、少しずつかけることにしました。

辛口『赤い富士山カレー』にチャレンジ!

まずは真っ赤な見た目の『赤い富士山カレー』に挑戦。袋を開けると、ふんわりとスパイシーなカレーの香りがただよってきました。

なかなか辛そうな色をしています…。恐るおそる、匂いを確かめてみました。

「辛いっ!そして赤いっ!」

少し香りをかいだだけで、筆者の辛さ感知センサーはマックスに。

パッケージを再度よく見ると、裏に注意書きがあります。

本品は極めて辛いため、特に辛さに弱い方や小さいお子様はご注意ください。

望むところだ!スプーンですくって、丁寧に少しずつ、ご飯の山にルーをかけていきます。

ルーにはとろみがあり、ご飯にかけても浸透しにくいので、きれいに赤いラインを作ることができました。この作業がなかなか楽しい。

慎重に山際を作り、なんとか形になりました!

「これはかなり上手にできたのではないだろうか!」と自画自賛しながら、トッピングに好みでフライドオニオンやハーブ、ラッキョウを添えてみました。

これで赤い富士山カレーの完成です!

そして、緊張の試食タイム。激辛以外ありえないような色のカレーを、スプーンでひと口…。

ちょっぴり辛いけれど、コクがあって美味です。予想していたよりも辛くな…いや、辛い。辛すぎます

辛さが一気に口の中に押し寄せて、唇までしびれました!スパイスには山椒(さんしょう)を使っているそう。

最初は辛く感じましたが、不思議なことに次第に慣れてきます。

赤い色は、パプリカの天然色素とぶどう果汁等で表現しているのだとか。辛さの中にマイルドな甘味があって、これがクセになるほどおいしい。辛さと旨味のバランスが神業です。

食べているうちに汗をかくほどの辛さなので、苦手な人は要注意ですが、野菜や卵をトッピングして調整するといいかもしれません。

とっても辛いけれど、確実にクセになる味でした!

初体験!カレーが青い!『青い富士山カレー』

次は、見た目がインパクト大な『青い富士山カレー』。人生初の青いカレーです。本当においしいのでしょうか…。

お湯で温めた青いカレーを、山の形にしたご飯の周りに盛り付けていきます。きれいなブルーにちょっと感動…。

匂いはカレーなのに、見た目が青色という、この不思議。こちらもスプーンで盛り付けていきました。

トッピングには、青いルーに合わせて緑のブロッコリーなどをチョイス。

「富士山だ!」と思わず歓声をあげてしまう出来ばえに、大満足!

さて、問題は気になるお味です。青い富士山は辛口の表示がないので、赤い富士山より食べやすいはず…。

最高でした!桃の果汁を使用しているだけあって、とてもまろやかで濃厚な青いルー。

ほのかなスパイシーさの中に優しい甘味があって、クリーミーなカレーに仕上がっています。

見た目が刺激的なだけに、味とのギャップに驚くカレーです。これは、プレゼントにしても喜ばれるかもしれません。

きれいに富士山を盛り付けたい!おすすめは『富士山カレー専用ご飯型付き』!

富士山カレーを試してみたいけれど、富士山の形にご飯を盛るのは大変そう。

そんな場合におすすめなのが、『富士山カレー専用ご飯型付き』のセットです。

実は筆者も、このご飯型を使いました。これを使うと、すんなりと簡単に、しかもきれいに山の形をつくることができるのです。

ご飯を取り出しやすいように、筆者はラップを使いました。ラップをかぶせた型にご飯を詰めてお皿に盛り付けます。

この型を使えば、子供でもきれいに富士山を作ることができますよ。

grape SHOPでは、ご飯型にそれぞれ『赤の富士山カレー』3個、または『青の富士山カレー』3個のセットを購入できます。

家族でワイワイしながら、富士山カレーの盛り付けを楽しんでみてはいかがでしょうか。

富士山だけじゃない!カレーが月になった『三日月カレー』!

驚きのカレーシリーズ、実はこれだけでは終わりません。なんとお皿に月が浮かぶ『黄金三日月カレー』もあるのです。

『黄金三日月カレー』は、山梨県甲府市特産品のスイートコーン『きみひめ』を使用した、黄金色のカレーです。

艶やかな黄金色のルーを月に見立てたこちらは、コーンの甘さとカレースパイスが絶妙にマッチした上品な味が特徴。

ご飯の周りに『黄金三日月カレー』を盛り付ければ、お皿の上に自分だけの見事な三日月が浮かび上がりますよ!

粒の大きなトウモロコシの実がたっぷり入っています。

スイートコーンの旨味が凝縮されたルーは、まるでコーンスープのようにまろやかな味。

それでもスパイスがピリッと効いていて、カレーの辛さが口の中に残ります。こちらもクセになりそうです!

全部食べてみたい!そんな人にはカレー3種セットがおすすめ!

赤と青の『富士山カレー』も、黄金の『三日月カレー』も、全部試してみたい人には、『赤と青の富士山と三日月のカレー 3種各1個セット』がおすすめです!

オリジナルのトッピングで、デコカレーにするのも面白いかもしれません。SNSなどにアップすれば注目を集めること間違いなし!

味も見た目も大満足の『富士山カレー』と『三日月カレー』。ぜひこの機会にお試しください!


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top