grape [グレイプ]

飛行機で急病人。立ち上がった乗客の中の一人は…驚くべき人物だった

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2015年10月26日、パリに向かう飛行機の中。17歳の少女がアレルギー発作を起こしてしまいます。

「お客様の中に医者はいませんか」

少女はアルゼンチンで行われたアイスホッケーの試合帰り。アレルギーのあるピーナッツが含まれている食品を気付かず、食べてしまったのです…。

アレルギー発作が起こり、ほとんど呼吸ができないという危険な状態に。

機内に流れる、「お客様の中に医者はいませんか」のアナウンス。そこで立ち上がったのは、思わぬ人物でした。

17130_01

写真はイメージです。

立ち上がったのは、なんと大統領

「お医者様はいませんか?」のアナウンスに、すぐさま立ち上がった2人の人物。

なんとその人物のうち1人は、ウルグアイのタバレ・バスケス大統領だったのです。

一緒に立ち上がったのは、バスケス大統領の主治医。バスケス大統領自身も医師の資格を持っており、自身の主治医と共に少女の処置を行います。

迅速な対応で少女は回復

呼吸困難な状態にあったため、薬を飲ませることは断念。バスケス大統領と彼の主治医は注射による治療を行い、その対処の甲斐もあって、パリに到着する頃に少女の容体は回復していたそうです。

実はバスケス大統領、機内で急病人を救うのは初めてではありません。過去にも2人の急患を助けており、今回の少女で命を救ったのは3人目とのこと。

現在フランスを訪問中のバスケス大統領。2015年11月2日以降には日本を訪問する予定だそうです。

Share Tweet LINE コメント

page
top