grape [グレイプ]

スター・ウォーズ最新作公開まで生きられない男性に、奇跡の贈り物

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:The Washington Post

アメリカ、テキサス州に住むダニエル・フリートウッド(32)さんは、スター・ウォーズの大ファン。しかし、7月に余命2か月と宣告され、12月18日に公開される「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を見ることは難しいとされていました。

そんなダニエルさんのために家族や友人が展開した、オンラインキャンペーンが奇跡をおこします。

監督から電話が!

子供の頃にお父さんと初期のスター・ウォーズを見て以来、大ファンになっていたダニエルさん。スター・ウォーズのTシャツをすべて持ち、ライトセイバーでチャンバラをしてしまうほど、魅力にとりつかれていました。

ダニエルさんが生きているうちにスター・ウォーズの最新版を見せてあげたい。妻のアシュレイさんや友達などが思いを込め、ハッシュタグ#ForceforDanielをツイートしたところ…。

なんとルーク・スカイウォーカ―役のマーク・ミハルやフィンストームトルーパ役のジョン・ボイエガなどがリツイート!

さらに地元のテレビ局のインタビューでダニエルさんが夢を語るなど、話題になる速度は早まっていきます。

そして、とうとう同映画の監督J・J・エイブラムスの目に留まることに!

その結果、監督から電話があり、完成前の映画を11月5日にダニエルさんの自宅にて上映してくれるという、奇跡のような出来事が起こります。

ダニエルさんはかつてないほどの笑顔を見せてくれたそうです。アシュレイさんは投稿で、夢の実現に協力してくれた方々すべての人に感謝の気持ちを伝えていました。

たった一人のファンのために、公開前の映画を監督自ら上映してくれる、奇跡のような出来事。

大切な人の最後の夢を叶えさせようと尽力した人々の想いが、こうした奇跡を引き寄せてくれたのかもしれませんね。

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」予告編

出典
The Washington PostLocal terminal cancer patient's dying Star Wars wish goes viral@pandorashley

Share Tweet LINE コメント

page
top