grape [グレイプ] trend

大切にしてもらっていたのは、私の方でした。実話から生まれたストーリー

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

これは実際にあった、ちょっとほっこりする出来事を元に作られたお話。

登場するのはあるおじいちゃん。このおじいちゃんは「携帯電話の使い方が分からない」と、よくauショップにやってくる常連のお客さんでした。

17204_02

足立梨花さんが演じるスタッフは、そのおじいちゃんが来ると必ず対応していました。

この日も、いつものように携帯電話の使い方の説明をしています。しかし、最近のスマホはおじいちゃんには難しく、後ろには人が並んでしまうことも。

17204_01

やっと説明が終わった時、おじいちゃんが寂しそうに語りだしました。

「ここに来るのも今日で最後だから、ちゃんとお礼を言わないと」

17204_03

おじいちゃんは今度老人ホームへ入居することになったのだそうです。

「老人ホームのお近くのauショップをお調べしましょうか?」と尋ねるスタッフ。しかし、おじいちゃんは

「このノートがあるから、大丈夫でしょ」

それはおじいちゃんが来店するたびに、メモしていた携帯電話の使い方が書き込まれたノート。

17204_04

そのノートを見たスタッフは、大切なことに気づかされます。それは…。

スタッフにとっては普段の何気ない接客だった事が、1人のお客様にとってはかけがえのない大切な出来事だったのでした。

接客業の人だけではなく、全ての人にとって大切なことを教えてくれるようなやさしい動画ですね。

17204_05

auショップで本当にあった出来事を綴ったショートドラマシリーズ。他にも「episode2.手話 篇」「episode.3 ちゃっちゃと 篇」が公開されています。こちらも暖かい気持ちになれますので、よろしければご確認ください。

Share Tweet LINE

page
top