grape [グレイプ] hobby

「OZにログイン!」サマーウォーズの世界を楽しめるオンラインリアル脱出ゲーム

Recommended by grape SHOP

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2009年に映画が公開されて話題になった『サマーウォーズ』。『サマーウォーズ』の世界観をそのままに、体験できるリアル脱出ゲームが登場しました。

しかも、このリアル脱出ゲームはオンライン!自分の好きな場所で、好きな時にゲームを楽しめます。

毎年、夏になると『サマーウォーズ』を観る筆者が、早速リアル脱出ゲームにチャレンジしてみました。

【リアル脱出ゲーム×サマーウォーズ】AIによる世界支配からの脱出

『【リアル脱出ゲーム×サマーウォーズ】AIによる世界支配からの脱出』に参加するのに必要なものは、チケットとパソコン・タブレット・スマートフォンのいずれかだけ!

それさえあれば、すぐにゲームをスタートできます。

時間制限や、人数の制限はありません。ただし、離れた場所で複数名でプレイしたい時は、人数分のチケットを購入してゲームを楽しみましょう。

途中で休憩したり、続きを次の休みに再開したりなど、自由にできるのがオンライン脱出ゲームのいいところ!

チケットとパソコン、それにたっぷりのコーヒーを用意して、いよいよゲームスタートです。

『サマーウォーズ』の世界を体感!

チケットに同封されている案内に従って指定のページを開くと、ゲームの案内が始まります。

【ゲームのストーリー】
仮想世界〈OZ〉。それは世界中の人々が集い、楽しむことができるインターネット上の仮想世界。
OZのユーザーであるあなたは、ある日突然OZへのログインができなくなってしまう。この小さなエラーは、「あるハッキングAI」が仕組んだ世界全体を巻き込む大事件の始まりだった…。
あなたは、かつてOZで暴れ回ったハッキングAI「ラブマシーン」を食い止めた小磯健二や陣内家の人々と協力して謎を解き、再びOZを救うことを目指す。
AIとの新たな戦いに、あなたは勝利できるだろうか?

いざ、OZにログイン!

オンラインの脱出ゲームが初めての筆者は右往左往…。

どうやらOZにログインする時からゲームは始まっていて、いろいろと試されているようです。

「映画で観たOZの世界に入り込んでいる!」

OZの世界で使うアバターが設定できて、まるで自分も登場人物の1人になったような気分です。

さらに、映画でお馴染みのキャラクターが出てきて、ちょっと興奮します。

映画でも流れていた音楽が聞こえてくると、さらにテンションアップ!

主人公である健二や、陣内家の人と力を合わせて、謎解きにチャレンジしましょう。

いくつものミッションに苦戦…

つぎつぎと、任されるミッションに筆者は四苦八苦。考えたり、調べたりと時間があっという間に過ぎていきます。

気付かないうちに、ミッションが始まっていることさえありました。

もちろん、ヒントが各場面で用意されているので、分からない時でも安心してくださいね。

ハッキングAIに悪戦苦闘

かつての『ラブマシーン』に匹敵する、ハッキングAIを倒すため大奮闘。

すべてのミッションをクリアしたかと思いきや、最後に驚きの展開が!

健二や侘助、夏希、佳主馬と力を合わせて謎を解き明かし、OZに再び平和を取り戻せるのか…。

この後、物語がどのように展開していくかは実際にプレイしてからのお楽しみ。ぜひ体験してみてください!

脱出後の、そう快感がたまらない!

度重なるハプニングを乗り越え、ようやく脱出できた時のそう快感はたまりません!

想定されいる所要時間は90~120分でしたが、実際には2日に渡ってプレイし3時間ほどかかりました。

時間はかかりましたが、好きな時に休憩できるので、最後まで無理することなくゲームを楽しめたのがよかったです。

『サマーウォーズ』好きとしては、自分が物語の一員のようにプレイできることが嬉しいポイント!

また、本当にOZのプログラムに入って操作をしているような感覚もたまりません。

侘助と一緒にプレイしていると、OZのプログラマー気分が味わえました。

映画を観たことがない人は、観てからプレイするとより世界観に浸れて楽しめそうです。

みなさんもぜひ、『サマーウォーズ』の世界に入り込んでみてください!

魅力的なオンラインリアル脱出ゲームはほかにも

grape SHOPには、ほかにも魅力的なオンラインリアル脱出ゲームがそろっています。

自分のペースで好きな時に好きな場所で参加できる、オンラインリアル脱出ゲームは一度やると病みつきになりますよ!

離れた場所に住む友達とも一緒に楽しめるので、参加してみてはいかがですか。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top