grape [グレイプ]

クロネコヤマトが意見広告 日本郵便への優遇に強烈な「猫パンチ」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2015年11月12日、全国54紙にヤマト運輸が意見広告を掲載。見出しは「いい競争で、いいサービスを。」この広告を見た人々からは、支持する声が多く集まっています。

また、ヤマト運輸はホームページにも同日の広告全文と、広告の内容についての詳細な説明も掲載しています。

クロネコヤマトの意見

黒字である事業に税制上の優遇が必要だろうか

国民生活に不可欠なサービス「ユニバーサルサービス」として「郵便業務」は必要。ユニバーサルサービスを行う日本郵便に対して、サービスを維持するために免税・減税などの優遇措置が行われるのはやむを得ないこと。

しかし、黒字である「郵便業務」に税制上の優遇が必要だろうか? 日本郵便の、ユニバーサルサービスではない「その他の事業」の赤字を補てんするために優遇を強めようとしているのではないだろうか。

税を納める国民に説明を

税の優遇をするのであれば、優遇額がどのように決められているのか、税を納めている国民にも分かるように説明してほしい。

事業者が対等に競争できるように

「郵便業務」も「ゆうパック」などその他の荷物を運ぶ仕事も、優遇措置を受けながら事業を拡大することができてしまう。事業者の「公平・公正な競争」とならないのではないか。不公平な制度を見直して、全ての事業者が対等に競争できる世の中になってほしい。

どんな文書が入っていても荷物は荷物

手紙などの「信書」を全国に運べるのは、事実上日本郵便の「郵便業務」のみ。宅急便やゆうメールなどの荷物を運ぶサービスを使うと、送った客が罪に問われる。しかも、送る文書の文面のわずかな違いによって運べたり、運べなかったりすることがあり、利用者が非常に不便。2015年3月31日で「クロネコメール便」を廃止した理由もここにある。

「どんな文書が入っていても荷物は荷物」として、自由に運べるようにすることで、事業者がより競争をしやすく、また、利用者の利便性も高まるのではないだろうか。

「声を上げてくれる企業を応援したい」ネット上の声

ヤマト運輸の意見広告を見て、ネット上では多くの反響が。その大半が「すごい」「応援したい」というもので、「日本郵便や国に対しての強烈な猫パンチだ」といった粋な皮肉も。

渾身の意見書である

こういう企業を応援したい

全面的にヤマト運輸の言い分に理がある

公平・公正な競争が便利なサービスを生み出す

ヤマト運輸は意見広告の最後に、公平・公正な競争が便利なサービスを生み出し、経済全体のプラスになると綴っています。

また、国民からの意見も求めており、意見は特設ホームページから送信することができます。

それでは、きょうもまた、配達に行ってきます。

ヤマト運輸(PDF) ーより引用
出典
ヤマト運輸@shinzofukui@saaramusic@mb101bold

Share Tweet LINE コメント

page
top