grape [グレイプ]

生後1カ月で捨てられた子猫…6匹のフェレットに出会ってからの日常 ♡

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:garo004giru

道端に捨てられていた段ボール。その中にいたのは、生まれて1カ月ほどの子猫でした。

独りぼっちで怖かったのでしょう、写真の表情からもにじみ出ています。小さな子猫を発見したのは、フェレット6匹と一緒に住んでいる、Twitterユーザーのイタ坊さん(@garo004giru)です。

フェレットと猫が共存できるのでしょうか…。しかし、子猫をそのまま置き去りにするわけにはいきませんでした。種の違いが少し心配だったけれど、イタ坊さんは子猫を連れて家に帰ります。

17389_01

出典:garo004giru

いったいどれほどの長い時間を、外で放置されていたのでしょう。子猫の体はとても弱っていました。動物病院で診察してもらうと、このまま食欲が戻らないと助からないかもしれない状態だということがわかりました。

その日から、子猫のそばを離れずに、ずっと看病をしていたイタ坊さん。おかげで、子猫は食欲が戻り、徐々に元気を取り戻していきました。

子猫は、古都(こまり)と名付けられました。すっかり元気になった古都ちゃんは、6匹のフェレットに囲まれて幸せな日々を送っているそうです。

心和む7兄弟の日常

フェレットが猫になったのか、猫がフェレットになったのか。お互いどんどん似ていく7兄弟です!

ご飯を食べるときも、寝るときもずっと一緒。

仲良しだから、ぎゅーっと詰まってしまう♪

完全に自分のことをイタチだと思ってる

優しい家族…

さて、間違い探し!猫はどこだー!!

イタ防さんの愛情に、どんどん元気に育っていく古都ちゃんとフェレットたち!

心地よさそうに眠る古姿が、まるで血のつながった本当の兄弟のようですね。これからも見守らせてもらいたい、素敵な家族と出会えました。

出典
garo004giru

Share Tweet LINE コメント

page
top