grape [グレイプ] lifestyle

「あっという間にペロリ!」バターのコクと果実の旨味が絶妙な『果実のバター』

Recommended by grape SHOP

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

「いつも使っているジャムやバターはおいしいけど、ちょっと飽きてきた…」

朝食はパン派の筆者が、いつもとは違うジャムやバターを探していたところ『果実のバター』なるものを発見!

『果実のバター』なんて名前を聞くだけでもおいしそうです。一体どんな味が楽しめるのでしょう。

果実とバターのいいとこどり!『果実のバター』

『果実のバター』は、まさに果実とバターのいいとこどりといえるバタースプレッド!

果実そのものの旨味に加えて、バターのコクまでも味わえるという逸品です。

見た目はクリーミーで濃厚な色合い。果実の色もよく出ています。

ジャムと比べるとクリームのような柔らかさがあるので、トーストに塗ったり、ヨーグルトやアイスにトッピングしたりなど、いろいろアレンジが楽しめそうです!

気になる果実は『朝の瀬戸内ゆずバター』『午後のラズベリーバター』『今宵のマロンバター』『伊予柑ピールと温州みかんバター』の全部で4種類。

それぞれに付けられたネーミングにも、食欲がそそられます!

【果実のバター】朝の瀬戸内ゆずバター・午後のラズベリーバター 2種セット

『朝の瀬戸内ゆずバター・午後のラズベリーバター』のセットは、どちらも酸味とバターのコクがクセになる組み合わせ。

愛媛県産のさわやかな柚子と、甘酸っぱいラズベリーがふんだんに楽しめるセットになっています。

【果実のバター】今宵のマロンバター・伊予柑ピールと温州みかんバター 2種セット

『今宵のマロンバター・伊予柑ピールと温州みかんバター』のセットは、ブランデーを隠し味にした芳醇な香りと、伊予柑ピールのほろ苦さを感じられる、ちょっと大人の組み合わせ。

和栗を丸ごと使ったぜい沢な味わいと、太陽の恵みを受けた温州みかんの優しい甘みが楽しめます。

【果実のバター】4種セット

「全部食べてみたい!」という人には、こちらの『4種セット』がおすすめです。

4種類の『果実のバター』を食べてみた

まずは4種類をすべてバケットに塗って食べ比べ。それぞれ瓶のふたを開けると、バターの香りがふわっと漂ってきます。

4種類の味を確認したら、それぞれアレンジしてさらに楽しんでみました。

『朝の瀬戸内ゆずバター』×クリームチーズ

4種類の中で一番滑らかな質感でとろみがある『朝の瀬戸内ゆずバター』には、クリームチーズを合わせます。

滑らかな質感がクリームチーズと絡み合い、まるで、ゆずソースがかかったレアチーズケーキを食べているよう!

ゆずと聞いてさっぱりとした味わいを想像していましたが、濃厚なソースのように口の中に残り余韻が楽しめます。チーズ好きな人は、ぜひ試してみてください。

『午後のラズベリーバター』×ラッシー

鮮やかな赤紫色がきれいな『午後のラズベリーバター』は、ラッシーに混ぜていただきます。

『午後のラズベリーバター』は、ラズベリーの甘酸っぱさと、バターのコクがクセになるおいしさです。

ヨーグルトと牛乳を混ぜたラッシーに『午後のラズベリーバター』を加えると、まるで苺ミルクのような味わい!

甘いのが好きな人は、たっぷりと『午後のラズベリーバター』を入れてお楽しみください。

『伊予柑ピールと温州みかんバター』×ヨーグルト

『伊予柑ピールと温州みかんバター』は、ヨーグルトにトッピングしてみました。

伊予柑ピールの苦みとバターのコクが程よくマッチ!さらに温州みかんの優しい甘さが、ヨーグルトのさっぱりとした酸味によく合います。

『今宵のマロンバター』×温めてソース風

『今宵のマロンバター』は、電子レンジで軽く温めてソース風にアレンジ。温めることで、マロンの香りがより強く感じられました。

とろみのあるマロンソースは、バケットはもちろんパンケーキにかけてもおいしそうです。

電子レンジで温める時は数秒ずつ加熱して、様子を見てくださいね。

バターのコクや果実の味わいがしっかりと感じられ、あっという間に食べきってしまいそうなおいしさ!

毎朝、トーストに塗って食べるのが楽しみになりました。

パン・ヨーグルト・アイスなどへのトッピングだけではなく、手作りスイーツのアレンジにも使ってみたいです。

オリジナルギフトボックス入り!

2種セットも、4種セットもオリジナルのギフトボックスに入れてお届けします。

撮影するために外しましたが、実際には緩衝材でしっかりと梱包されているので安心!

自分用にはもちろん、ギフトにもおすすめですよ。

いつも食べているトーストに『果実のバター』をトッピングしてみませんか。

一度食べたら、ハマってしまうおいしさです!


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top