grape [グレイプ]

地図が被災者の命を救う!『地図作り』で世界初の試み!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

突然、日常を襲う、地震や洪水などの大災害。

東日本大震災や関東・東北豪雨などは、記憶に新しく、救助活動を見た方も多くいるのではないでしょうか。

災害で道が寸断されてしまった地域は、物資も届かず、食べ物や日用品が不足する事態もおきていました。

17636_main

そんな被災地の現状をいち早く撮影し、詳細な地図を作ろうと、クライシスマッパーズ・ジャパン(NPO法人申請中)の古橋大地さんが、一つの計画を立ち上げました。その名も「災害ドローン救援隊 DRONE BIRD(ドローンバード)」

17636_05

出典:READY_FOR

ドローンバードは、ドローンを活用して、迅速に被災地の空撮画像を撮影。その情報から正確な地図を作り出す、世界初の部隊のことです。

地図があることの大切さ

もし、大地震や洪水などで、普段通っている道が崩れ、道が道でなくなってしまったら。災害前の地図では、役に立たないこともあります。

17636_01

出典:READY_FOR

救助活動する側も、どの道を通ったら救助できるのか、物資を運ぶための最善の道がどこにあるのか探し、余計な時間を使ってしまうことも。

一分一秒を争う状況なら、地図があることで助かる命もあります。

17636_02

出典:READY_FOR

もっと早く現状を把握するために

地図を作成するには、衛星写真などの画像データが必要になります。現状は、ヘリコプターや衛星を使って作成しますが、半日から2日という時間がかかってしまいます。

そこで注目を集めたのが、ドローンでした。地上からすぐに出動でき、自動操縦などにすれば、人が侵入できない場所でも空撮することが可能です。

17636_04

出典:READY_FOR

現地の状況を最短2時間以内に空撮し、情報を公開することも技術的にできるそうです。

ドローンによって空撮されたデータは、地図データや紙に落とし込むなどして、公開されます。

ドローンバード計画は目標として、2020年までにドローンを操縦する隊員を100名育成し、全国10ヶ所に基地を設置。また、地図を作成するマッパーを常時1,000人動ける体制にし、災害発生から1時間以内に、現地状況を地図へと反映させる仕組みを作ろうとしています。

17636_03

出典:READY_FOR

「空の産業革命」とまで言われたドローン。残念なことに、モラルの面などで批判の的になってしまうことが、多くあります。しかし、使い方次第では多くの人の命を救い、被災地を助ける、縁の下の力持ちになることもできるのです。

こういった多くの人に役立つ使い方が、今後も増えていくといいですね。

出典
READY_FORドローンで災害地を救え!世界初の救援隊DRONE BIRD始動

Share Tweet LINE コメント

page
top