grape [グレイプ]

【飯テロ注意】知らないと損する、焼き肉の『一番美味しい』焼き方とは!?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

ジューという音と共に滴る肉汁。炭火でじっくり焼かれていく、サシと旨味の詰まった肉。煙と共に立ちのぼる、食欲をそそる香りを楽しみながら、アツアツの焼肉と白米を口いっぱいに頬張りたい!

突然、焼き肉について熱く語り出した、肉好きの同僚。空腹時にそんな話を聞かされ、私のお腹は焼き肉を求めて、ぐぅ~。

17648_01

来年20周年を迎える牛角が、キャンペーンをやっていると聞いていたので、さっそく焼き肉を食べに行ってきました。

お店につき、牛角のキャンペーンメニューを確認すると、定番の牛角カルビがお得な値段に!安さに胸を躍らせながら、牛角カルビを注文!

17648_02

溶けていく姿は、インパクト大!

カルビを食べたものの、収まらない食欲。もっと肉が食べたい!ということで、分厚くて肉肉している「霜降り上タン塩」を食べてみました。

タンが分厚い!これは食べごたえがありそうです。

17648_10

卓上に用意されている「魔法のつけ塩」も、タンと抜群にあう。一体何が入っているのか気になりますが、内容は企業秘密とのこと。

さらに、キャンペーンメニューで気になった「わたあめすきやきカルビ」を注文。

DSC01067

フワフワのわたあめに割り下をかけると…。おぉー雲のようだった、わたあめが溶けていく!

17648_03

そのままグツグツと煮込み、しっかりと割り下の味が浸み込んだら、卵にくぐらせ…頂きます!

17648_04

少し甘めのタレで煮込んだ、すきやきといった感じ。ご飯が進みます。

その後も肉ばかり食べていたので気分を変えて、「黒糖おさつバター」を追加注文。甘すぎず、肉ばかりの胃を癒してくれる、優しいお味でした。

17648_05

また、今回はお腹いっぱいで食べられなかったのですが、おさつバター以外にも「ふわふわクリームチーズ」も優しいおつまみとして新登場!

17648_12

クラッカーと一緒に食べると、パリッ!ふわっ!で、お肉を食べた後のおつまみとして、ピッタリらしいですよ。

20年の歴史に裏メニューあり!

少しお店も落ち着いてきたので、店長さんに「何か裏メニューはありませんか?」と聞いたところ、ちょっと勿体ぶって「GKD」なるメニューを教えていただきました。

何ですかGKDって?TKG(卵かけご飯)みたいなものですか?店長曰く、「牛角丼」の頭文字をとってGKDというそうです。

材料はこちら!

お好みのお肉+カルビ専用ご飯+温玉+マヨネーズ(無料)

これらの具材をあわせれば、GKDの完成!

17648_06

実はこのGKD、以前のメニュー内にこっそり載せていたレシピなんだとか。こんな食べ方があるなんて、知りませんでした。

最高に美味しい焼き方

最後に、肉の美味しい焼き方を教わってきましたので、みなさんにもご紹介します。

肉を焼く時に、何度もひっくり返して焼くことがありますが、基本的にはNGとのこと。

最初は七輪の真ん中で強火、ひっくり返したら端の方で弱火でじっくり焼く。
ひっくり返すのは一回だけ。表を3割、裏を7割で焼くと、肉汁を逃さず美味しく焼けます。(ホルモンとハラミ以外)

美味しい焼き方で肉を食べて、元気いっぱい!「焼肉には人を元気にする魔法がある」という牛角のポリシーを胃袋でしっかりと感じてきました。

みなさんも「元気が出ないなぁ」という時、もりもり焼き肉を食べて元気を出してみてくださいね!

Share Tweet LINE

page
top