grape [グレイプ]

羽生結弦 ショート 世界最高得点「106.33点」をたたき出す!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

羽生結弦さんがまたやりました!

2015年11月27日、長野県で行われたNHK杯・ショートプログラムで、世界歴代最高点の「106.33点」をたたき出し首位に立ちました。

演技を終えた羽生さんは「一生懸命やった。点数より曲のジンクスというか、この曲でなかなかノーミスでいけなかったので(うっ憤を)晴らせて良かった」と、満面の羽生スマイルを見せました。

17698_02
 

最初の4回転サルコーは少し身体が傾くもののしっかり着氷。その後の4回転、3回転のコンビネーションジャンプ、トリプルアクセルはほぼ完璧といっていい演技でした。

世界の頂点に立った「ソチ冬季五輪」で獲得した、羽生さん自身が持つショートプラグラム世界最高点「101.45」点をはるかに上回りました。

「気持ちを切り替えて、大切なフリーで頑張りたい」と語る羽生さん。2015年11月28日のフリー演技に向けて、気持ちを引き締めているようです。

実力と魅力を兼ね備えた羽生さん、やっぱり違いますね!これからも応援しています!!

Share Tweet LINE コメント

page
top