grape [グレイプ] lifestyle

熱燗は温度で名前が変わる! 『日本酒』の多彩な味の変化に舌鼓

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

味のしみ込んだ、大根やモツ煮込みをつまみに、熱燗をキュッと一杯やりたくなる季節の到来!

近年、女性の人気も高まってきている日本酒。お鍋を囲んで心地よく酔いたいものですが、美味しい飲み方ってご存知ですか?

同じお酒でも、温度によって大きく味わいが変わってしまう、繊細な日本酒。熱燗とは、何度くらいのことをいうのか、ちょっと変わった飲み方などと併せ、ご紹介します。

17764_05

熱くても55度まで

熱燗といえば、とりあえず熱くしておけばいいや、と思っている方もいるそうですが、そんなことはありません。

意外と細かく、温度で呼び方が変わってくるんですよ。

  • 約30度 日向燗
    冷たくもなく、温かくもない温度。香りは少し立ち、味わいはなめらか。
  • 約35度 人肌燗
    体温より少し低いくらいの温度。麹や米の香りを感じ、さらさらとした味わいに。
  • 約40度 ぬる燗
    徳利を持っても体温と同じくらいで、熱いとは感じない温度。香り高く、味にふくらみが出る。
  • 約45度 上燗
    徳利が温かく、注ぐと湯気が出る温度。香りや味わいが引き締まって感じられる。純米酒に最適な場合が多い。
  • 約50度 熱燗
    徳利から湯気が見える温度。香りもシャープで、切れ味の良い辛口に。 本醸造酒や普通酒に最適な場合が多い。
  • 約55度 飛び切り燗
    徳利を持つとかなり熱い温度。香りが強く、鼻に刺激を感じる。味わいはかなり辛口になる。

熱燗というからには、もっと熱い温度を想像してしまいがちですが、お茶などに比べると、かなり温めでいいようです。

17764_04

たった5度違うだけで、だいぶ飲み口も変わってくるようなので、色々試して自分の好みを見つけるのも楽しそうです。

日本酒なのにウィスキー

日本酒というと、冷酒や熱燗などの温度を変えるだけと思われがちですが、ウィスキーのように様々な飲み方があるんです。

17764_02
  • 水割り
    日本酒に水を入れて、割る飲み方。硬水では引き締まった味わいに。軟水では伸びやかな味わいになります。
  • 湯割り
    こちらは、お湯の中に日本酒を注ぎ入れます。 硬水で割ると魚介系に、軟水では野菜料理に向くようになるのだとか。
  • 炭酸割り
    一風変わった日本酒の炭酸割り。氷を入れたグラスに日本酒を注ぎ、炭酸水で割る。柚子やスダチなど、和の柑橘系を入れると、今までにない爽快感を感じられます。

ちなみに、日本酒8に対して、水やお湯2の割合で割ると、酸味や旨味が際立つのだそうです。

17764_01

日本酒というとお固く、飲み方にバリエーションがない感じがしますが、飲み方は人それぞれ、美味しく飲めるのなら、それが一番です。

今回ご紹介した飲み方も、一つのバリエーション。あなた好みの飲み方を見つけて、美味しいお鍋などに合わせて飲んでみてくださいね。

Share Tweet LINE コメント

page
top