思わず目を疑う 自閉症のアーティストの作品に身震いする

いま、あるアーティストの作品に大きな注目が集まっています。その作品は、日本信号株式会社の第133期中間報告書の表紙に使用されています。

多くの人が目を疑った作品がこちらです。

「首都圏」

no-image

一見すると、ただの鉄道の写真に見えますが…。実はこの作品、写真ではなく「」なのです!

カメラでピントを合わせたかのような、本当に絵なのか確認してしまうほどの精巧さ。

この作品を描いたのは、鉄道画家の福島 尚(ふくしま ひさし)さん。福島さんの絵が注目されているのは、作品の素晴らしさもさることながら、その制作プロセスにありました。

記憶だけを頼りに…

福島さんは生まれつき自閉症を持っています。平日の昼間は福祉作業所に通いながらも、毎日キャンバスに向かい、全国の鉄道をテーマに創作活動を行っているそうです。

福島さんが描く鉄道の作品はすべて脳内の記憶だけで描かれています。しかも下書きなしで。

4歳の頃から鉄道に興味を持ち、列車や信号機、踏切など鉄道に関する絵を描き始めた福島さん。誰に教わるでもなく、すべて自己流で描き続けています。

福島さんの絵が持つパワーに一目惚れした日本信号株式会社は、第131期中間報告書から彼の作品を表紙として使用しています。

福島さんの絵に魅了される人々

福島さんの作品を目にした人々からは、驚きと感動の声が寄せられています。

リアルすぎる。

絵だけじゃない!

福島さんは絵だけではなくペーパークラフトの才能も。こちらもすべて自己流、どこまでも素晴らしい方です。

極め方が本物

車体や信号、部品までもが実物と全く同じ色。自分が納得するまで何度も色を作り出し、塗り重ねる福島さん。光を感じる信号やレールなどは、10回以上塗っては乾かし…を繰り返すそうです。

私も行ってみたいです。

福島さんが描く鉄道の絵は、精巧なだけでなく、どこか温かさも感じられます。

それはきっと、福島さんの鉄道への溢れる愛情なのでしょう。これからも美しい日本の鉄道を描き続けてほしいですね。

出典
日本信号株式会社@pp_sigure@nahulk@tetu8039@tany185mura

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop