grape [グレイプ]

今年もクリスマスに独り…家族に届いた「悲しい知らせ」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:YouTube

この老人が迎えるクリスマスは、いつも独り。そして、今年も…。

17788_01

出典:YouTube

17788_02

出典:YouTube

そんな時、老人の子どもたちの元にとある知らせが届き始めます。それは、クリスマスパーティーの誘いといった嬉しいものではなく…。

17788_03

出典:YouTube

17788_04

出典:YouTube

集まった家族が、駆けつけた場所で目にしたものとは?

17788_05

出典:YouTube

この映像はドイツのスーパーマーケットのCM。この広告に対して、賛否両論湧き上がっています。

「老人の気持ちに感動した」
「人の死を利用するなんて」

皆さんはどう感じましたか。広告手法として考えると全ての人が共感出来る映像だとは言いがたいかもしれません。

ですが、大事な日に大事な人と集まる、ということについてもう一度考えるきっかけだとしたら、いかがでしょうか。

もし、この老人の送った訃報がウソではなくて、本当だったなら…もう家族は、老人と一緒の暖かなパーティーをすることは出来ないのです。

17788_06

出典:YouTube

一年に一回、顔を見るとしたら。あと何回、大事な人と会えるのでしょうか。回数を数えてみたら、一回一回がもっと愛おしく思えるのではないでしょうか。

17788_07

出典:YouTube

出典
EDEKA Weihnachtsclip - #heimkommen

Share Tweet LINE コメント

page
top