grape [グレイプ]

閉園後の動物園 夜更かしな動物たちが、みるみる眠りに落ちていく理由

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

閉園後の動物園。お客さんの賑やかな声が消え、 照明が落とされたあとも、動物たちはまだまだ元気。

遊び足りないのか、動き回ったり、鳴き声をあげたりと興奮ぎみ。

17956_09

元気いっぱいに見えるとはいえ、日中も動き回った動物たち、夜は疲れているはず。飼育員さんたちは「早く眠ってほしい…」と悩んでいます。

そこで、人間用に作られた休養のためのウェアを、動物たちそれぞれに合うようにクッションやハンモックなどに改良。ぐっすり眠れる寝床を作ってやることに。新しい寝床で、動物たちはゆっくりと休めるようになるのでしょうか?

見ているとなんだか一緒に眠くなってしまう動画、ご確認ください。

せわしなく動き回っていた動物たちが、優しい眠りに落ちていく…。

17956_06

百獣の王ライオンも、この表情。新しい寝床を気に入ってくれたようです。

17956_11

普段、動物たちの様子を良く知っている飼育員さんたちも、見慣れない様子に驚いたそうです。飼育員さんも、ワニの寝入る瞬間を見たのは初めてだったとか。

17956_02

動物たちが睡魔に勝てずに、すやすやと眠り始める様子を見ていると、私たちのまぶたも重くなってきてしまいますね。一緒に眠りたい…。

17956_12
17956_07

動物たちにゆっくり眠ってもらう実験に使われたのは、疲労を軽減して質の高い眠りへ導いてくれる、リカバリーウェア「VENEX」。

動物たちがいるのは、廃墟のショッピングモールとして話題になった、滋賀県の「ピエリ守山」の中にある、「めっちゃさわれる動物園」です。ショッピングモールの中にライオンがいる! ということでも注目されているスポット。

「めっちゃさわれる動物園」には、100種類、350匹以上の動物たちがいます。ライオンやワニなどの猛獣をのぞいて、たくさんの種類の動物たちと実際に触れあうことができます。

17956_01

ヘビを首に巻き付けるなんてことも…? 子供たちにとっては、他ではなかなかできない貴重な体験です!

17956_03

動物園の管理のもと2週間、観察員が動物たちの様子を見守りました。その結果、猫で170%、ヤギで167%など、動物たちの大半に、リラックスウェアの寝床での熟睡効果が見られたそうです。

身に付けるもの次第で良く眠れるようになるのは、人も動物も同じなんですね。

17956_05

人間たちが癒される分、動物たちにとっては、たくさんの人々に見られることで少なからず負担はあります。せめて夜はぐっすり眠って、良い夢を見てもらいたいですね。

動物たちの寝顔を見て、今夜は良く眠れそうです…おやすみなさい…。

17956_13

Share Tweet LINE

page
top