grape [グレイプ]

寝る前にスマホを使う人は必読です!メガネで寝不足を防ぐってどういうこと?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

PCメガネの代名詞、『JINS PC(ジンズ・ピーシー)』

4年前に販売を開始し、「ブルーライトを防ぐメガネ」として大人気に!今ではパソコンを使う人の定番となったこのメガネ、知っている方も多いのではないでしょうか?

17972_11

実はこの『JINS PC』 が名前を変えてリニューアル!こんなに浸透した名前を変更するなんてなぜ?

そこには驚きの調査結果がありました…。

PCを使う人の定番になった、ブルーライトカット。しかし、発売から4年。実は今、多くの人が悩んでいるのがスマホのブルーライトだったのです。

最近、寝付きが悪い人が増えているそうなんです。その原因の一つとして考えられるのが「寝る前スマホ」、実はスマホのほうがPCよりも目の近くで操作するので、目には良くないらしいんです。

JINSの調査でも、寝る前のリラックスタイムにスマホを使用している人は沢山いる事がわかりました。そして、睡眠の質を低下させると言われるブルーライトについても、多くの人が対策をしていないことも。

17972_06

そんなスマホユーザーのためにJINSが発売したのが睡眠対策用メガネ。なんと今までにない寝る前専用メガネなんです!

この安眠対策用メガネの発表に合わせて、「JINS」はPCだけではなく、スマホを始めとしたすべてのスクリーンに対応するために「JINS SCREEN(ジンズ・スクリーン)」にブランド名を変更。ここまで広まった名前を変更するなんて…。JINSさん、本気ですね!

「JINS SCREEN」は普段使い用の「DAILY USE」、モニタを長時間見る人用の「HEAVY USE」、睡眠対策用の「NIGHT USE」の3種類。

さて、この「JINS SCREEN」、編集部でも試してみました!

17972_03

まずは毎日15時間以上、画面を見つめる私から。

仕事中はずっとPC、移動中もスマホ、帰ってからもテレビを見ているので画面を見ないのはお風呂と、トイレと、寝ている時くらいのものです。

17972_09

そこでまずは普段使い用の「DAILY USE」をつけて一週間!

「DAILY USE」はレンズはほぼ無色透明なので、画面の色も変化しません。私のようにパソコン上で色みの調整をする人にはピッタリですね。毎日のPC作業でたまった肩こりが、なんだか楽になったような気も。

「NIGHT USE」は別の編集部員へプレゼント。

17972_02

スマホが手放せない彼女には、寝る前のスマホを使うタイミングで1週間、試してもらいました。

17972_08

その感想は、

「目がとってもラクでした!そのお陰でお布団に入ってからもすぐ寝れた気がします!」

これはどうやら効果があったみたいですね!いまでも毎晩メガネをしながら、スマホを使っているそうですよ。

今回新発売の「NIGHT USE」の特徴は、この茶色のレンズがブルーライトの中でも睡眠の質を乱す原因となる波長を強力にカットしてくれること!

試しにレンズを通してパソコンを見てみると、こんな感じに。

17972_10

イエローブラウンのレンズは、青色の補色にあたる茶色がしっかりとブルーライトを吸収。日常シーンではちょっと濃すぎるかもしれませんが、寝る前であれば気兼ねなく使えますよね。

スクリーンに囲まれた日常を過ごす私達。今後は生活シーンに合わせて、メガネを変えるという事が増えてくるのかもしれません。

あなたはどんな方法でブルーライト対策をしていますか?

Share Tweet LINE

page
top