grape [グレイプ]

羽生選手、脅威の330点超えで世界記録を更新!優勝してもプーさんを手放さず

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2015年12月13日早朝(日本時間)スペインのバルセロナで行われた、フィギュアスケートのグランプリファイナル 男子フリー。

羽生結弦選手が男子初の3連覇をかけ出場しました。

18012_01

ショートプログラムでは世界最高得点の110・95点を記録し、NHK杯に続き世界最高記録の更新も期待された羽生選手。その結果は、219・48点!!

トータルでは330・43点となり自身が持つ世界記録を再び更新、そして3連覇の偉業を達成しました!!

18012_04

日本の宇野選手、中国の金博洋選手、地元スペインの世界王者フェルナンデスといった選手たちが、続々高得点を出す中、滑りだした羽生選手。

4回転サルコー、4回転トーループといったジャンプでNHK杯以上の得点を上げ、圧巻の演技を披露しました。

羽生選手からのコメント

ほぼ完璧な演技ができて満足している。自分で自分を追い込んでいた。重圧はすごくあったが、いい演技ができたのは今できることを考えたから。NHK杯は素直に喜べたが、今回は安堵感があった。

スポニチアネックス ーより引用
18012_03

羽生選手、優勝おめでとうございます!

次回は12月24日から札幌で行われる全日本選手権。日本でも素晴らしい演技、楽しみにしています!

出典
スポニチアネックス

Share Tweet LINE コメント

page
top