grape [グレイプ]

無脳症の赤ちゃんが生まれ、奇跡的に迎えた1歳の誕生日

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

アメリカのフロリダ州に住む妻のブラタニーさんと、夫のブランドンさん。妊娠17週目になった妻のブラタニーさんが、夫とともに病院に超音波検査を受けに行った日のことです。

妊娠したのは男の子だと知ってとても喜んでいたところ…。検査を進めていた医師の顔が、どんどん深刻な表情になっていきました。そのとき、夫婦はお腹の赤ちゃんに何か問題があると気付きます。

次の日、病院から検査結果の電話がかかってきました。夫婦は、赤ちゃんが脳と頭蓋骨の一部がまともに形成されない、無脳症を持っていることを知らされます。

生きられる時間は、たったの数日。夫婦は医者から中絶手術を勧められました。しかし、夫婦は医者の提案を断り、赤ちゃんを産むことを決心します。

そうして去年の2014年8月、夫婦の可愛い息子が生まれました。名前は、ジャクソン・ストロングちゃん。

周囲の人々の否定的な考えをよそに、ジャクソンちゃんは今年の2015年8月、1歳の誕生日を迎えました。

ブラタニーさんは仕事を辞めて、24時間ジャクソンちゃんのそばを離れずにいます。相変わらず、ジャクソンちゃんが長く生きられる確率は低いままだそうです。それでも夫婦は、息子のことを「祝福」と思い、あふれる愛情を注いでいます。

ちょっと早めの、メリークリスマス!

2015年12月!クリスマスを迎えて、ジャクソンちゃんはサンタクロースのおじいさんと写真を撮りました。

ジャクソンちゃんのきれいな青い瞳に、クリスマスツリーがキラキラと映っています。

誕生日に、サンタクロースまで!初めてのことが一つふたつ増えていくジャクソンちゃん。これからも、初めての出会いにたくさん触れながら、ジャクソン・ストロングの名前通り、強く生きていけるように願います。

出典
FacebookFacebook

Share Tweet LINE コメント

page
top