grape [グレイプ]

マクドナルドで起きた「おごりリレー」、優しい気持ちになる一言

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

一人の行動に、たくさんの人が繋がった「おごりリレー」。アメリカで起きた、心にぐっとくるような出来事をご紹介します。

フロリダ州のマクドナルドを訪ねた一人の女性、トリー・キーヌさん。

彼女が、ドライブスルーで注文を終え、ちょっと進んだところにあるレジで会計をしているときのことです。

彼女は店員のフィゲロアさんへ、「後ろの車の会計も、私が一緒に払いたい」と話しました。

そして彼女は、後ろの車へ「メリークリスマス、良いお年を!と伝えてください」と言葉を残して去って行ったそうです。

そして、後ろの車が会計をしに来たとき、キーヌさんが残したメッセージを伝える店員のフィゲロアさん。すると、とても感動したお客さんが、「自分も後ろの会計を支払いたい」と話しました。また「メリークリスマス、良いお年を!」とメッセージを残して、去っていた2番目のお客さん。

そうして始まったおごりリレーは、フィゲロアさんのシフトが終わるまで続きました。その人数は、なんと約250人

たくさんの人が参加したおごりリレーについて、キーヌさんは「ただ誰かの気分を良くさせたかった」と伝えました。

キーヌさんの、他人を思うちょっとした気遣い。それによって、多くの人が幸せな気持ちになりました。

見ず知らずの人からのメッセージ、「メリークリスマス」「良いお年を」。

おごりリレーが続いたのは、お金ではなく、人を優しい気持ちにさせるメッセージの方だったのかもしれません。

出典
abc NEWS

Share Tweet LINE コメント

page
top