grape [グレイプ]

SMAP解散か? 『育ての親』の退社に伴い…激震が走る、その真相は?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:日刊スポーツ

日本中を震撼させるニュースが報じられました。

2016年1月12日、国民的人気グループのSMAPが分裂・解散の危機にあると、日刊スポーツやスポーツニッポンなどの複数紙が報じました。

事実上の解散か

SMAPメンバーのうち、中居正広さん、稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんが、ジャニーズ事務所を退社し独立する意思を伝えたとのこと。決断したのは2015年末だそう。

木村拓哉さんは事務所に残る方向ですが、4人が事務所から独立することで「SMAP」を名乗ることはできない可能性が高く、グループは事実上の「解散」となると報じられています。

育ての親が退社

騒動の発端は、「SMAPの育ての親」と言われている女性チーフマネージャー飯島三智氏が、ジャニーズグループから退社を決めたことだと言われています。

ジャニーズ事務所にはジャニー喜多川社長、ジャニー氏の姪で副社長の藤島・ジュリー氏、そしてSMAPのマネージャー飯島三智氏の「三大派閥」があると言われていました。

特に藤島・ジュリー氏と飯島三智氏の派閥の対立は根深く、バラエティ番組やドラマ出演のキャスティングにも大きく影響を及ぼしていることは、有名な事実であった様子。

SMAPの人気は、ジャニーズ事務所の後ろ盾があったのはもちろんのこと、独自路線を進んだマネージャー飯島氏の功績も多大でした。ただ、そのことで、事務所の方針に反することも多く、事務所内での飯島氏への風当たりは強かったと思われます。

報道の発端となったのは2015年2月に「週刊文春」に掲載されたメリー喜多川副社長のインタビュー。そこでメリー氏は派閥については否定するものの、次期社長は藤島・ジュリー氏と名言、ジュリー氏と比較して飯島氏を叱責するような発言をしています。そのことで、飯島氏は退社の意思を明確にしたとも考えられています。

木村拓哉さんを除く4人は、恩義のある飯島氏に伴う形での退社。木村拓哉さんは「自分があるのはジャニーズ事務所のおかげ」という方針で事務所残留を決断したとのこと。

ファンに走る動揺…でもまだ確定情報ではない

衝撃的な報道に、SMAPのファンからは悲痛な声が上がっています。ですがまだ公式発表はされておらず、各方面の報道機関も情報収集中の状況。

芸能リポーターの井上公造氏がTV情報番組「スッキリ」でコメントしており、その内容は以下の通り。

  • メンバー間で問題があるわけではない
  • メンバーと事務所でもめ事があるわけではない
  • 話し合いで良い方向に決着がつく可能性がある
  • ファンを大事にするSMAPだから、本当に解散という事実があるのであれば、きちんと説明があるはず

まだ解散を避けられる…という可能性もあるニュアンス。ファンにとっては、「解散しないで」という希望を持ち続けたいところです。

一部メンバー ジャニーズから「独立検討」 代理人が明らかに

NHKの取材に対し、ジャニーズ事務所の代理人を務める弁護士が以下のようにコメントしていると報じられました。

ジャニーズ事務所の代理人を務める弁護士は「一部のメンバーの独立問題について交渉、協議中であることは事実です。協議中のため、これ以上のコメントは差し控えたい」とコメントしています。

NHK NEWS WEB ーより引用

独立するかどうか、最終的な結論にはまだ至っていないということです。

また、ジャニーズ事務所は報道機関へ向けてFAXで以下のように伝えており、独立検討が事実であることを認めました。

この度、一部報道機関により、SMAPの一部メンバーの独立問題と担当マネージャーの取締役辞任等に関する報道がなされました。

たしかに、この件について協議・交渉がなされている事実は存在しますが、そのような状況下であるため、詳細についてのお問い合わせにはお答えできませんので、宜しくご理解の程お願い申し上げます。

ジャニーズ事務所 ーより引用

日本を代表するアイドルグループであり、所属メンバー一人ひとりの人気も絶大なSMAPの「解散」という大ニュース。多方面に大きな影響を与えることは間違いありません

新しい情報が入り次第、お伝えしてまいります。

出典
日刊スポーツスポニチアネックス@inouekozodesuNHK NEWS WEB

Share Tweet LINE コメント

page
top