grape [グレイプ]

キムタク、時を遡ってSMAP解散を阻止!ぶっとんだ小説が話題

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2016年1月18日『SMAP×SMAP』で会見を行ったSMAP。

その際、木村拓哉さんが「今日は2016年1月18日…」とわざわざ日付について発言したことから、ネット上では『木村拓哉タイムリープ説』が話題になっています。

『タイムリープ』とは、時間を移動すること。つまり、「キムタクはSMAP解散を防ぐため、何度も時間を逆行しているのでは…?」という疑惑が生まれているのです(笑)

そんな『木村拓哉タイムリープ説』を描いた小説が登場。投稿者である、いつきさん(@purple___328)の妹が書いたものだそうです。

キムタク「くそっ…SMAPが解散してしまった…。俺にもっと力があれば…」

どうやら、この世界ではSMAPが解散してしまったそうです。キムタクは自分の無力さに絶望してしまいます。

そして、翌日…。

キムタク「ああ…今日から俺はSMAPじゃないのか…。
あれ?日付が違う…過去に戻っている!これなら、まだSMAPの解散を防げるぞ!」

そうして俺はSMAPを解散の運命から救うべく、長い長いタイムリープの戦いに身を投じたのだ…。

なんと、自分が過去に戻っていることに気づいたキムタク。何かの奇跡が起こり、自由にタイムリープできるようになったようです。

キムタク「50374回目…。やっと…やっと解散を防げた…。解散をすることなく、新しい日の出を迎えられたぞ!」

気が遠くなる回数のタイムリープをした結果、ようやくSMAPは解散を回避!

しかし翌日、予想だにしない出来事がキムタクを襲います。

キムタク「あれ?日付が戻ってる!なぜ!?SMAPは解散せずに済んだはずでは…」

中居「俺が戻したんだよ」

キムタク「中居!?なぜお前が!?」

なぜか再び解散前にタイムリープしてしてしまったキムタク。

驚愕する彼の前に現れたのは、SMAPのリーダー・中居正広。なんと、彼もタイムリープの使い手だったのです。

中居「俺はジャニーさんの陰謀に気づいてしまった…。だから、俺はSMAPのみんなを助けるべく解散させようとしていたのさ…」

キムタク「そんな…」

中居「だが木村、お前だけはどうしてもジャニーズ事務所を離れなかった…。
お前一人だけ見捨てるなんてできない…。俺は、みんなを助けたいんだ!」

キムタク「俺はずっと何をしていたんだろう…」

事務所の陰謀に気づいた中居くんは、キムタクの意思と反しSMAPを解散すべく動いていたのです。真実を知り、何度も解散を阻止してきたキムタクは再び絶望してしまいます。

中居「結果、俺は因果の糸が絡まることによって歌が下手になってしまった…。その節は迷惑かけたよ…」

キムタク「中居…」

なんと、中居くんの個性的な歌はタイムリープが原因だった事実が発覚。

中居「でもな、俺がどんなに時を戻そうと…因果の糸を結び直そうと…」

キムタク「…?」

中居「草なぎは脱ぐんだ…」

キムタク「それな」

タイムリープ能力をもってしても、草なぎくんは2009年に「裸になって何が悪い!」と脱いでしまうのでした。

もしかしたら今この瞬間も、キムタクはタイムリープしてSMAPのために奔走しているのかもしれない…?

出典
@purple___328@yk_ichinomiya@719911_

Share Tweet LINE コメント

page
top