grape [グレイプ]

スマホって自分の子供より大事? 育児ママの『実験』に気づいたこと

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

カリフォルニアに住むブランディ・ウッドさん。彼女は旦那さんも子供たちも大好きな、いまどきのママです。

彼女には、もう一つ大好きなものがありました。それはスマートフォン。便利なスマホは、育児の間もついついいじってしまいがち。

もしかしたら、私は子供を見ている時間より、スマホを眺めている時間のほうが長いのでは…

そのことに気づいたブランディさん。ある日、とある実験をしました。

子供の視線

その実験とは「短時間の間に、子供は何回自分のことを見るのか数える」というもの。

静かに部屋の隅に座り、4歳の息子たちが遊んでいる様子を見つめます。

楽しそうに遊ぶ息子たちを見ているうちに、ブランディさんは気づきました。愛する息子たちは、遊びに夢中になっている間も何回も自分を見ていることに。

時にちらっとママの存在を確認するように視線を送り、時にママに「見て見て」と主張するように笑顔を向けます。

その数はなんと28回!正確な時間はわかりませんが、短い時間だそうです。子供は思っている以上に、ママを見ているものなのですね。

大切なシグナルを見落としていたかも

もしこの間、ずっと私がスマホをいじっていたら、どうなっていただろう。

子どもたちは28回、ネット上にある自分たちよりも大事なことはなんだろうと自問していたかもしれない。

28回、構って欲しかったのに寂しい思いをしたかもしれない。

28回、無視されて私の愛情を疑っていたかもしれない。

28回、私は子どもたちに現実とはオンラインに存在するものだと教えていたかもしれない。

お願いだから、子どもとの時間を犠牲にしないでください。子どもは、あなたのことを必要としているのです。

インターネットに夢中になっている間に、子どもたちの視線、大切なシグナルを見落としてしまうかもしれないから。

どうかスマホを置いて、家族や愛する人との時間を大切にしてください。

子供が小さいときはあっという間に過ぎてしまいます。子供の心の成長のためにも、自分の普段の姿を省みることが重要なのだと感じました。

目の前にある本当に大切なもの。スマホを置いて、しっかりと見つめていきたいですね。

出典
BRANDIE WOOD

Share Tweet LINE コメント

page
top