grape [グレイプ]

広大な砂漠で奏でるアースハープ 美しい音と壮大な風景がつくる世界に感動

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:YouTube

Earth Harp(アースハープ)という楽器をご存じでしょうか。

アーティストでありミュージシャンでもあるウィリアム・クロースさんによって発明されたアースハープは「世界で最も弦の長い弦楽器」としてギネス世界記録にも認定されています。

ウィリアムさんは2012年にこの楽器の奏者としてアメリカのオーディション番組に出演し、一躍有名になりました。

そのウィリアムさんがアースハープを演奏する素晴らしい映像をご紹介します。アメリカ・ネバダ州の砂漠で年に一度開催されるバーニング・マンというイベントの会場で撮影されたものです。

19228_01

出典:YouTube

会場の建物に弦を張り、早朝の砂漠で奏でられるアースハープはとても神秘的です。7分とやや長い映像ですが、美しい音色とともに朝焼けでだんだんと明るくなってくる景色もお楽しみください。

映像で見ただけでも壮大な風景と美しい音色が合わさって素晴らしいパフォーマンスなのが伝わりますね。実際にその場にいたらどんなに感動的なことでしょうか。

弦を張ることでさまざまなものが楽器に変わるアースハープ。いつかウィリアムさんの演奏が日本でも見られるといいですね。

出典
William Close And The Earth Harp Collective

Share Tweet LINE コメント

page
top