grape [グレイプ] lifestyle

冷蔵庫から取り出しにくい薬味チューブ 画期的な収納方法に「コレはいい」「便利だわ」

By - COLLY  公開:  更新:

Share Post LINE はてな コメント

※写真はイメージ

ショウガやワサビ、ニンニクなど、チューブに入った薬味にはさまざまなものがあります。切ったりすりおろしたりする必要がないので、手軽に使えて便利です。しかし、薬味チューブはキャップの幅よりも本体の幅のほうが広いので、立てて収納しようとしてもすぐに倒れてしまいます。

冷蔵庫を開け閉めするたびに気になる「薬味チューブ倒れる問題」を、スッキリさせたいと思いませんか。

朝日放送テレビが運営するオンネラ(onnela.tv)のInstagramでは、突っ張り棒を使った画期的な薬味チューブ収納テクニックを紹介しています。

薬味チューブ以外の収納にも使える便利なテクニックなので、ぜひ試してみてください。

突っ張り棒は冷蔵庫にも使える!

最後までしっかり使うことを考えて、薬味チューブは立ててしまいたいものです。しかし、チューブの形状やドアを開ける遠心力から、すぐに倒れてしまいます。

冷蔵庫を開ける頻度が高いと、そのたびに気になってしまうのではないでしょうか。

そこで登場するのが、ダイソーの「白い伸縮式突っ張り棒」(税込110円)です。サイズがいくつかあるので、冷蔵庫のポケット幅を調べておきましょう。

ポケットより少し上の部分に、突っ張り棒を設置します。落ちないように、くるくる回しながら調整しましょう。

クリップ付きのフックで薬味チューブをはさみ、突っ張り棒に掛けていきます。薬味チューブが何本あっても、倒れることもなければ重なることもありません。

クリップ付きのフックもダイソー商品です。「カーテンクリップ」(税込110円)で探してみましょう。

ポケットの手前にはスペースが残るので、ケチャップなどほかの調味料もしっかり収納できます。

100円ショップのアイテムを使った、冷蔵庫をすっきりさせるアイディアです。

自立しない食品も立ててしまえる!

袋麺など自立しない食品は、寝かせてしまうしか方法がありません。上に物を乗せるとつぶれてしまうこともあり、スペースが余るので収納としてはとても非効率です。

このような悩みも、突っ張り棒が解決してくれます。

冷蔵庫の棚に、突っ張り棒を設置します。手前と奥に1本ずつ設置しましょう。

設置後はこのような形になります。

突っ張り棒が本立て(ブックエンド)のような役割を果たすので、袋麺などの自立しない食品を立てて保管できます。また、ハムのようなほかの食材に埋もれやすい食品も、仕切っておくとすぐに取り出せて便利です。

整頓しやすいようでしにくい、保存容器の悩みを解消する便利な保存容器を紹介しています。

冷蔵庫全体の整理整頓をしたい人は、こちらの記事をご覧ください。

Onnelaでは、日々の暮らしに役立つさまざまなライフハックを発信しています。Webサイトもぜひチェックしてみてください。

※画像は複数あります。左右にスライドしてご確認ください。


[文・構成/grape編集部]

出典
オンネラwebサイトオンネラInstagramアカウント

Share Post LINE はてな コメント

page
top