grape [グレイプ]

ドレスで葬式に参列した男。 そこには涙せずにはいられない理由があった…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

派手なライムグリーンのドレスと、ネオンピンクのソックスで葬儀に参列した男性。別にふざけているわけでも、冗談でもありません。そこには深い友情と、涙の理由がありました。

俺が死んだらドレスで葬式来てくれよ
OK!!

ドレスを着ている男性はバリー・デラリー。彼は、親友であり英国兵士だったケビン・エリオットが、アフガニスタンへ任務に行く直前、軽い気持ちでこんな約束を交わしていたのです。 深い友情で結ばれていた二人は、任務中でも定期的に連絡を取り合っていたそうです。

そして、3年後。
軽い冗談で交わしたその約束を、デラリーは守ることになってしまったのです。

11285_05
11285_01

デラリーはライムグリーンのドレスとネオンピンクのソックスで葬式に参列。

11285_02

この約束を知った参列者たちは誰一人としてバカにせずデラリーを見守りました。

そして、天国のエリオットもデラリーの腰にそっと手をあてて「ありがとう」と言ったのだと思います。
※冒頭の写真でデラリーの腰に添えられている手が、亡くなった親友の手なのでは?と、ネットで噂されている。

「手」の真偽、画像のおかしさとは裏腹に、戦地へ向かったエリオットと約束を守ったデラリーの美しい友情に心温まります。

出典
22WORDS

Share Tweet LINE コメント

page
top