grape [グレイプ]

暗闇での出産で亡くなる多くの命。ミャンマーに光を届けるプロジェクト

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

動画が再生されるごとに1円を、ミャンマーの母子保健事業に寄付する。DeNAが行っている取り組みをご紹介します。

横浜DeNAベイスターズの2014年度日本野球機構公式戦終了日までに再生されたぶん、寄付が行われます。ぜひ皆さんも動画を再生し、ミャンマーの「無電化地域」について知っていただきたいと思います。

アジアの中でも、ミャンマーは新生児と妊産婦の死亡率が特に高い国。その原因の一つが、電気が通っていない「無電化地域」の存在です。

ミャンマーの無電化地域では、今も多くのお母さんたちが、夜、電気のない暗闇で、リスクの高いお産を余儀なくされています。

命を救うホームラン DeNA Sekai☆Egao Projectーより引用

この、「命を救うホームラン」では、動画再生回数に応じた寄付以外の取り組みも。横浜DeNAベイスターズの選手が公式戦で一本ホームランを打つ毎に「ソーラーランタン」がミャンマーに寄付されます。

11324_04

「ソーラーランタン」は太陽光で充電し、電気の通っていない地域でも、夜を照らすことができます。

11324_05

また、「チャリティーリストバンド」の購入でも、私たちは支援に参加することができます。

11324_03
11324_02

暗闇での出産で失われる命を、一人でも救えるように。ぜひあなたの友達にも、ミャンマーの出産現場の現実を教えてあげてください。

出典
命を救うホームラン DeNA Sekai☆Egao Project

Share Tweet LINE コメント

page
top