grape [グレイプ]

LINEが使えない?『暗証番号を必須化』乗っ取り被害への対策強化

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

11371_01

無料通信アプリ『LINE』を提供するLINE株式会社は、スマートフォン版LINEアプリの不正ログイン(乗っ取り)による被害拡大を防ぐため、2014年7月より導入した「4桁の暗証番号(PINコード)」の設定を任意ではなく、必須にすると発表しました。

2014年9月22日14時頃より順次適応されるとのことです。設定がまだの方は早めに設定しましょう。

また、PINコードを既に設定されている場合も、安全なPINコードを設定しているか、再度確認をしてほしいと、注意を促しています。

安全なPINコードの設定

悪質な第三者からのアカウント乗っ取りを防ぐために、簡単に予測されてしまうような「PINコード」では、設定されている意味がありません。

誕生日や電話番号、住所などの個人情報と関連ない番号、そして不規則な番号を設定するよう勧めています。

!推測されやすくて危険なPINコード!

✕同じ数字や連続する数字
例)1111, 1234, 9876

✕よく知られた語呂合わせ
例)4649, 2525, 5963,

✕個人情報に関連する数字
例)生年月日
例)住所の一部
例)現在、または昔使用していた電話番号の一部
例)メールアドレスの一部
例)パスワードの一部
例)他のサービスで使用している4桁の数字

LINE公式ブログ ーより引用

PINコードの設定方法

「その他」画面から「設定」→「アカウント」→「PINコード」を選択。

11371_02

PINコード登録画面が表示されますので、4桁の番号を入力。確認のため、同じ番号を再度入力。

設定は以上で完了です。

PINコードが設定されるとどうなるのか?

あなたのスマートフォン以外(電話番号の違うスマートフォン)から、第三者があなたのLINEアカウントへログインしようとした場合に、メールアドレスとパスワードでログインした後、「PINコード」の入力が必要となります。PINコードを知らなければ、ログインを防ぐことができます。

PINコードが設定されていても「乗っ取られた」

PINコードが設定されていても「乗っ取られた」という報告はネット上で確認することができます。PINコードの設定に安心せず、基本のID・パスワードもあわせて見直すことをお勧めします。

ログインIDとパスワードを他のネットサービスと同じものを使用していると、一度流出してしまった場合にIDとパスワードがリスト化され不正者の手に渡ってしまいます。

不正者は、このリストを使って機械的にログインできるサービスを探し、有効なアカウント情報を割り出しています。

対抗手段は、同じID(メールアドレス)とパスワードの組み合わせを、色々なサービスで使いまわさないこと。そして、定期的にパスワードを変更することをお勧めします。

出典
LINE公式ブログ

Share Tweet LINE コメント

page
top