grape [グレイプ]

ひとりぼっちだったキツネの赤ちゃん ギュッと抱きしめて離さない「あるもの」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Facebook

ある日、イギリスのロンドンで生後2週間のキツネの赤ちゃんが見つかりました。そばに母親の姿はなく、ひとりぼっちだった赤ちゃんキツネは、【ナショナル・フォックス・ウェルフェア・ソサエティ】という動物保護団体に保護されました。

”パグル”と名づけられた赤ちゃんキツネは健康そのもので、ミルクをたくさん飲んですくすくと育っています。

元気いっぱいのパグルですが、まだ赤ちゃんです。そこで彼がお母さんのいない寂しさを感じないようにと、施設のスタッフがあるものをパグルにプレゼントしました。それは…。

うさぎのぬいぐるみ!パグルはこのうさぎを一目で気に入り、いつでも離さず持っているようになったのです。

ギュッと抱きしめたり、ガブガブ噛みついて遊んだり・・・少しずつ成長してきた今も、パグルにとってこのぬいぐるみはずっと変わらずお気に入りのようです。

ほかのキツネたちがおもちゃで遊ぶなか、パグルだけは何よりこのうさぎが大好きなのだそう。人間も動物も、可愛らしいぬいぐるみに癒されるのは同じなのですね。

パグルはいつかは野生に帰されるということですが、それまではこのうさぎちゃんが彼の一番のお友だちとして最高の遊び相手でいてくれることでしょう。

出典
National Fox Welfare Society

Share Tweet LINE コメント

page
top