grape [グレイプ]

『雨に唄えば』の名シーンから音楽を消したら、警察が来るのも納得な場面に

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

『雨に唄えば』は、1952年アメリカで公開されたミュージカル映画とその主題歌。今なお色褪せることのない不朽の名作です。劇中、土砂降りの雨の中でドン(ジーン・ケリー)が『雨に唄えば』を歌いながらタップダンスを踊るシーンは、映画史に残る名シーンとされています。

この名シーンが、映画のワンシーンから音楽を消してしまうという人気シリーズの餌食に…。

シーン後半でウキウキすぎるドンが警察に変な目で見られてしまいますが、音楽がない状態で見ると、この「ウキウキ」加減は確かに睨めれてもいたしかたなしという感じです。

オリジナルシーンを知らいない方は、こちらの動画から音楽と共にお楽しみください。

そして、こちらが音楽無しバージョンです。

出典
Musicless Musicvideo / SINGIN' IN THE RAIN (without singing)Singing In The Rain - Singing In The Rain (Gene Kelly) [HD Widescreen]

Share Tweet LINE コメント

page
top