grape [グレイプ]

積雪 世界1は日本、なんと11m! お風呂の1/3を被る雨? 気象TOP5!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

11548_00

急なゲリラ豪雨や、温暖化による気温の上昇など、異常気象が取りざたされる昨今、気象で代表的なものを日本の観測史上で上位5つまでのランキングでご紹介します。

1時間あたりの降水量

これは、TVの天気予報などでもよく聞く『1時間で○○m』ですね。ちなみに1時間 20 - 40 mmで「大雨注意報」、40 - 60 mm で「大雨警報」が出される目安とされています。

11548_01

1位は153mm/hです。といわれても、なんだかピンとこないと思いますのでわかりやすくいうと、だいたい1時間その雨の中にたっていると76.5ℓ、お風呂の1/3の水を被るのと同じ程度になります。

広島の土砂災害を引き起こしたときでさえ、120mm/hでした。

世界では、フランス・1分間で38mm/h。ジャマイカ・15分で198mm/hなどの記録があります。1日の降水量の日本記録は徳島県で1317mmが2004年8月に記録されています。

積雪量の深さ

1位が滋賀県は意外でした。それにしても11mとはビックリです。ちょっとしたビルは埋まってしまいます。それもそのはず、この記録世界でもなんと1位です。

11548_02

ちなみに日本は、世界的にみてもかなりの豪雪地帯で、青森は、人口30万人以上が住む都市としては、世界最大の積雪量です。

最低気温

流石の北海道・旭川。カッチカチです。しかし、南極で−89.2°C、ロシアで−71.2°Cと、上には上が、いや下には下がいます。

11548_03

最高気温

面白いですね。最低気温が-41℃で最高気温は41℃だとは。ちなみに世界最高記録は、アメリカ・カリフォルニア州で56.7°Cが記録されています。

11548_04

最大瞬間風速

91m/sって・・・。たしか、75m/sで車ひっくり返ったり、電子レンジが段ボールみたいに飛んでました・・・。世界では、竜巻による最大瞬間風速がアメリカ・オクラホマ州で142.2m/sという非公式な記録があります。

11548_05

ちなみに10月13日、日本を通過中の台風19号は勢力が最大だった時には最大瞬間風速85m/sと報じられていました。勢力は衰えたとはいえ、みなさま十分ご注意ください。

出典
気象庁

Share Tweet LINE コメント

page
top