grape [グレイプ]

YouTubeに自分とそっくりな人が! ネットの力で双子の姉妹が、奇跡の再会を果たすまで【実話】

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

これは、生き別れになりお互いの存在すら知らなかった双子の姉妹が、遠く離れた異国の地で暮らす日常の中で、FacebookとYouTubeによって奇跡的な出会いをはたした実話である。

サマンサは、ロサンゼルスに住むアメリカ人で女優として活動していました。2013年2月21日。この日、彼女の人生を変える一通のメッセージをFacebookで受信しました。

それは、ロンドン在住のフランス人で、ファッションデザイナーを志す学生、アナイスからだった。アナイスの友人はサマンサが出演しているYouTubeのビデオを見て、あまりにもサマンサがアナイスにそっくりなことに驚き、アナイスにそれを伝えました。アナイスと友人は、ネットでサマンサのことを調べ、サマンサとアナイスが共に1987年11月19日に韓国釜山で生まれ、直後に養子に出されていたことを知ったのです。

そしてアナイスは、サマンサが自分の双子の姉妹ではないかという想いからTwitterやFacebookを通して彼女に連絡をとりました。

2人は、自分に生き別れた双子の姉妹がいることすら知りませんでしたが、Skypeやテキストメッセージなどで連絡を取り合い、会話を重ね、自分たちが姉妹であると確信を深めていきました。そして2013年5月、ついに、サマンサは、アナイスに会うためにロンドンに飛び、2人は奇跡の再会を遂げたのです。

この奇跡の再会の一部始終をドキュメンタリー映画にするため、資金調達サイト「kickstarter」で資金を募り、みごと目標額を調達しドキュメンタリー『TWINSTERS』を撮影。「生まれか育ちか」問題や養子縁組などに触れ、2人を引き合わせたソーシャルメディアの力も取り上げられているという。現在はポスプロの資金を同サイトで募集している。

10175_06
出典
facebookstories.com/stories/53771/twinsters

Share Tweet LINE コメント

page
top