grape [グレイプ]

全盲の3歳男児が驚くべきピアノの才能を見せる!小さなモーツァルト!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

スロバキア、首都近くの小さな村に住むブランコ君、3歳。彼は生まれた時から光を失う全盲のハンディキャップを負っています。

しかし、彼は素晴らしい才能を持って生まれてきました。それは音楽的な才能です。

11792_01

彼は、2歳からピアノのキーを打ち始めました。3歳になるとワーグナー、チャイコフスキー、バッハなど、クラシック音楽をはじめ、ディープ・パープルなどのポピュラー音楽もピアノで奏ではじめました。

そして驚くことに、ブランコはピアノのレッスンを受けたことがありません。耳から聞いた音を見えないピアノのキーを打ち再現しているのです。

11792_02

父親のマーティンさんが過去10年程レッスンを受けていたようですが、既にブランコの腕前は彼を越しているとのこと。隣人も最初はマーティンさんのピアノが上達したものだと思っていたが、ブランコが弾いていることを知り、とても驚いたそうです。

出典
Branko Dvorecky - YouTubeexpress.co.uk

Share Tweet LINE コメント

page
top