grape [グレイプ]

カタカナの名前は危険!? 振り込み詐欺被害を防ぐため電話帳から削除の動き

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

今年度も多くの被害を出し続けている振り込め詐欺などの特殊詐欺。

平成26年10月末の段階では全国で10,749件453億円ものと被害が発生しています。

振り込め詐欺を始めとする特殊詐欺の被害状況
【平成26年中(10月末現在)】

その詐欺グループがターゲットを探す際に利用している道具の一つに電話帳があります。

電話帳に高齢者の女性に多いカタカナの名前や、「◯江」や「◯代」等の記載があった場合、詐欺グループがひとり暮らし高齢者女性の可能性が高いと判断し、ターゲットにしている事がわかりました。

長野県で発生した連続詐欺事件では同様の手口で8件の詐欺事件が発生し、そのうち7件の世帯主の名前が「◯江」だったそうです。

その対策として宮崎県警や大分県警では、ひとり暮らしの高齢者に電話帳から名前を削除することをすすめています。

宮崎県警は一人暮らしの高齢者宅を中心に戸別訪問し、電話帳から名前を削除するよう勧めた。過去に摘発した特殊詐欺事件で、犯人が「電話帳から高齢者らしい名前の番号を見つけて電話した」と供述したことから発案。

大分県警ははがき作戦を展開。「ハナ」「キク」といったカタカナ表記や、末尾が「枝」「代」「江」など高齢者に多い名前の人にはがきを送り、削除を呼び掛けている。

YOMIURI ONLINE カタカナの名前、電話帳から削除を…詐欺防止で ーより引用

本来であれば便利なはずの電話帳が悪用されてしまう。悲しいことですが事実です。

ご家族や知り合いに高齢者に多いと思われる名前や、カタカナ表記の名前の方がいらっしゃる場合にはターゲットとなる可能性が高いことを伝えてあげてください。電話帳から削除とまではいかなくても、それだけで抑止になるはずです。

1件でも詐欺被害で悲しむ人を減らせるよう、皆で協力して立ち向かいましょう!

出典
YOMIURI ONLINE カタカナの名前、電話帳から削除を…詐欺防止で / 警察庁 振り込め詐欺を始めとする特殊詐欺の被害状況

Share Tweet LINE コメント

page
top